九州満喫! おすすめモデルコース
 
福岡 の旅|2015年2月
九州満喫!おすすめモデルコース トップ

梅が見頃! 太宰府天満宮参詣と九州国立博物館・史跡・パワースポット巡り


出かけるなら!
2月出発の 1泊2日
           太宰府天満宮の梅が見頃を迎え、
           九州国立博物館では、特別展「古代日本と百済の交流 太宰府・飛鳥そして公州・扶餘」が開催!


学問の神様として有名な太宰府天満宮は、梅の名所としても知られており、この時期には多くの観光客で賑います。
菅原道真公ゆかりの飛梅のほか、約6,000本の梅は、極早咲から極遅咲まで長期間にわたって楽しめるのが特徴です。


*下記モデルコースをご参考に、旅の計画をお立てください。
*各宿泊施設の宿泊料金・プランは、ホテル名または写真をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。


1日目 太宰府天満宮散策と九州国立博物館見学
西鉄福岡天神駅→(西鉄電車約●分)→西鉄太宰府駅→(参道散策・徒歩約20分)→太宰府天満宮→(徒歩約10分)→九州国立博物館→(徒歩約10分)→光明禅寺→(徒歩約10分)→西鉄二日市駅→宿泊先
*太宰府市および近郊には、温泉を備えた宿泊施設があります。
関連リンク 西鉄電車太宰府天満宮九州国立博物館光明禅寺
      太宰府観光協会古都大宰府保存協会(史跡解説の依頼が可能)

     *寺社巡りの際は、「古都大宰府保存協会・史跡解説員」の方にガイドを頼むのがおすすめ。
2日目 太宰府の史跡・パワースポット巡り
宿泊先→西鉄太宰府駅→(コミュニティバス・まほろば号約9分)→観世音寺(国宝・日本最古の梵鐘)→(徒歩約1分)→戒壇院(天下三戒壇の一つ)→(徒歩約8分)→大宰府政庁跡(知る人ぞ知るパワースポット)→(コミュニティバス・まほろば号約5分)→西鉄都府楼前駅→(西鉄電車約●分)→西鉄福岡天神駅
*天神方面へは、西鉄電車で直通。または途中で急行電車に乗り換え。
 博多駅方面へは、「福岡天神駅」で地下鉄に乗り換え、または「薬院駅」で西鉄バスに乗り換え。
関連リンク 西鉄電車
      コミュニティバス・まほろば号(西鉄太宰府駅〜観世音寺前、大宰府政庁跡〜西鉄都府楼前駅の路線は、北谷回りまたは西鉄都府楼前駅行(内山[竈門神社]発)を参照)
      戒壇院観世音寺
      太宰府観光協会古都大宰府保存協会(史跡解説の依頼が可能)

     *寺社巡りの際は、「古都大宰府保存協会・史跡解説員」の方にガイドを頼むのがおすすめ。


学問の神様・菅原道真公を祭った「太宰府天満宮」。本殿の下は道真公の墓所
光明禅寺
別名「苔寺」と呼ばれる光明禅寺の前庭は、15個の石で光の字に配石された仏光石庭
観世音寺の梵鐘
「源氏物語」にも登場する観世音寺にある日本最古の梵鐘(国宝)
戒壇院
奈良の東大寺、下野(栃木県)の薬師寺とともに天下三戒壇といわれていた「戒壇院
大宰府政庁跡
国の特別史跡「大宰府政庁跡」。石碑の辺りはパワースポットともいわれている

◆オススメ宿泊施設
【太宰府市・近郊】  太宰府天然温泉 ホテルグランティア太宰府
 二日市温泉・・・大丸別荘アイビーホテル筑紫野

◆期間限定イベント
【太宰府市】
 太宰府天満宮の梅
2015年1月下旬〜3月上旬.
太宰府天満宮の梅 太宰府市/太宰府天満宮
学問の神様として有名な太宰府天満宮は、梅の名所としても知られています。
1月下旬から、約6,000本の梅が、極早咲-早咲-本咲-遅咲-極遅咲と時期をずらして次々に咲き誇ります。
春の気配を感じながら、隣接する九州国立博物館とともに、のんびり散策してみませんか。
毎月25日の菅原道真公の月命日のみ販売される、太宰府名物「梅ヶ枝餅」よもぎ入りバージョンも見逃せません。
問合せ先:太宰府天満宮社務所 TEL 092-922-8225
       開花状況は・・・太宰府天満宮Webサイトへ
九州国立博物館 特別展 水城・大野城・基肄城築造1350年記念
「古代日本と百済の交流 太宰府・飛鳥そして公州・扶餘」
九州国立博物館特別展 古代日本と百済の交流 太宰府・飛鳥そして公州・扶餘 2015年1月1日(木・祝)〜3月1日(日)
百済は、古代の朝鮮半島南西部に存在した国で、中国南朝の影響を受けた洗練された文化が花開き、特に4世紀以降は日本との交流も深まっていきました。
今展覧会は、当時の百済の技術を駆使した水城・大野城・基肄城築造1350年の節目を迎えるこの時期に開催されるもので、古代・大宰府という地域を中心に据え、両国の交流や、百済から日本へ伝えられた文化や技術が日本へ与えた影響をご覧いただけます。
出品件数74件のうち、国宝4件、重要文化財5件、韓国国宝2件、韓国宝物(日本の重要文化財に相当)1件。
現代に伝えるそれらの“輝き”と古代ロマンを、是非お楽しみください。
【休館日】 毎週月曜日(ただし1月12日(月・祝)は開館、1月13日(火)は休館)
【観覧料】 一般1,400円(1,200円)、高大生1,000円(800円)、
小中生600円(400円)
*( )内は前売りおよび20人以上の団体(有料の方が20名以上の場合)、満65歳以上の方、キャンパスメンバーズの方の料金
*障がい者等とその介護者1名は無料
*上記料金で同時開催 特別展「日本発掘−発掘された日本列島2014−」、及び九州国立博物館「文化交流展(平常展)」もご覧いただけます。
問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時〜22時)
       詳細は・・・九州国立博物館Webサイト


【関連イベント】
リレー講座 「九博研究員が語る! 考古学を100倍楽しむ方法」
  第1回
●獣帯鏡の謎

   岸本 圭(九州国立博物館展示課主任研究員)
●右片袖の思想─日本の横穴式石室のはじまり
   河野一隆(九州国立博物館企画課文化交流展室長)
【日時】 2月1日(日)13時半〜15時半
【会場】 九州国立博物館1階研修室
【定員】 50名
【料金】 無料  *事前申込不要

第2回
●激動の7世紀を戦った兵士

   小嶋 篤(九州国立博物館展示課研究員)
●発掘された日本列島2014の見どころ
   進村真之(九州国立博物館展示課主任研究員)
【日時】 2月22日(日)13時半〜15時半
【会場】 九州国立博物館1階研修室
【定員】 50名
【料金】 無料  *事前申込不要
ウォーキングツアー 「考古学者と行く! 史跡探訪」
  〔1〕 てくてく 水城コース/1月25日(日)
〔2〕 健脚向き 大野城登山コース/2月8日(日)
【講師】 九州国立博物館考古担当研究員
【定員】 10名
【料金】 100円
*コース詳細、申し込み方法は決まり次第、ホームページでお知らせします。
もうすぐ九博10周年記念イベント 「福岡発市民ミュージカル“ASUKA”」
  筑紫に住む少女「アスカ」と、百済の青年貴族「アグリ」の物語。
オーケストラの生演奏と感動的な歌声で綴る市民ミュージカル。
【日時】 2月15日(日) 13時〜14時、15時〜16時
【会場】 九州国立博物館1階ミュージアムホール
【定員】 220名
【料金】 無料 
*要事前申込、展覧会入場券もしくは半券の提示が必要
*申込方法は、九州国立博物館Webサイト
【参加申込締切】 2月2日(月)

*特に、交通アクセスは事前にご確認のうえ、お出かけください。
*できる限り正確を期すようにしておりますが、記載の内容が異なることもあります。相違があった場合の保証はいたしかねますので、ご了承くださいますようお願いいたします。


ページトップ▲
トップページに戻る
メルマガ定期購読の申し込み

九州・沖縄の各地では、毎日・毎週のように多くのイベントが催されています。「ふくおかサポートねっと」では、そのようなイベント情報をまとめて発信しています。
せっかくなら、名所旧跡巡りだけを目的とするのではなく、その日だけに開催されるイベントを絡めて、旅に出かけませんか
きっと思い出深い旅となるでしょう。
*イベント情報はトップページの九州の地図からご覧ください。

航空機利用者へ
福岡空港は、天神駅とから地下鉄で約11分と交通至便です。
ANA(全日空)の「航空券と宿泊をセット」にした、とてもお得なプランがあります。
例えば、
2月16日(月)羽田出発=羽田・福岡往復航空券+ルートイングランティア太宰府1泊(2名1部屋)お一人様料金は、30,000円〜!(1/19現在)
検索は・・・ANA国内旅行Webサイトへ

たぷたぷ日和ブログ
天気情報
九州・沖縄を巡ろう




Copyright(C) 2006 FUKUOKA COMMUNITY SUPPORT All Right Reserved.