沖縄のイベント・祭り情報 

2017年11月~12月

ふくおかサポートねっと

2017年11月

 うらそえスイーツめぐり券2017

うらそえスイーツめぐり券

2017年8月1日(火)~11月30日(木)
浦添市/参加13店舗

500円でスイーツ3つと引き換えできる
浦添市は、那覇市に隣接するまちとして人気のエリア。おいしいものに目がない市民の胃袋を満たすため、人気のスイーツショップやベーカリー、カフェや、地元民の愛する隠れた名店がいっぱいあるんです! もっと多くの方に浦添市のおいしいものに親しんで欲しい・魅力を知ってほしいと企画されたのが「うらそえスイーツめぐり券」。浦添市内外の13店舗が、各店舗の魅力が伝わるような看板スイーツをご用意! 首をなが~くして、みなさまのお越しをお待ちしています。のんびりお散歩しながら、うらそえ市でおいしいスイーツを楽しみませんか。

問合せ先:浦添市観光協会 TEL 098-874-0145
詳細は・・浦添市Webサイト

 座間味島ファン感謝月間

座間味島ファン感謝月間

2017年11月1日(水)~30日(木)
座間味村/(座間味島)

座間味島を愛してくれているファンの皆様へ、座間味島島民から感謝の気持ちを込めておもてなしをさせて頂くイベントです。
フォトコンテストや宝探しも毎年好評ですが、何と言っても毎週土曜の夜に開催される『島人芸能ショー』が大盛り上がりです。バンド演奏、エイサー、琉球舞踊の演舞、勇壮なクジラ太鼓、美しいハワイアンフラ、お笑いショーなど、ショーの参加者は、みんな芸達者な座間味島民です。
座間味島で島んちゅと一緒に楽しみましょう!
*泊港~座間味港間の船が混み合うことが予想されます。ご来島の際はお早目の船舶のご予約をお勧めいたします。また、宿のご予約もお忘れなく。

島人芸能ショー
【開催日】 11月4日、11日、18日、25日 *毎週土曜日
【時間】 18:00~21:30
【会場】 座間味港ターミナル広場
【料金】 入場無料

問合せ先:座間味村観光協会 TEL 098-987-2277
詳細は決まり次第、コチラでお知らせ・・座間味村ダイビング協会Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ケラマビーチホテル ケラマテラス
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 2017イチハナリアートプロジェクト+3

イチハナリアートプロジェクト

2017年11月18日(土)~12月3日(日) 10:00~17:00
うるま市/伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・海中道路

うるま市の勝連半島から太平洋に向かって手を伸ばすように連なった島々。その一番離れた場所にある伊計島は、古くから「イチハナリ」と呼ばれています。この「イチハナリ」を舞台としたアートによる島おこし計画、『イチハナリアートプロジェクト+3』は今年で6回目を迎えます。
海中道路と勝連半島から連なる四島すべてを舞台に、古民家や空き地を活用した島アートプロジェクト。今年のテーマは「島の記憶」。島々の文化や風景の中に配置され、島の文化や風景の中で輝きを放つアート作品を、各島の美しい自然とともに存分にお楽しみください。
*『イチハナリアートプロジェクト+3』は、世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2017」において、「第3回ジャパン・ツーリズム・アワード」の地域部門賞に選ばれました。

【入場料】 500円(中学生以下は無料)
      *会期中の週末は、島を巡る無料シャトルバス(海中道路出発)を運行します。
      *海中道路及び旧宮城中学校にてルートガイド配布

問合せ先:うるま市観光物産協会 TEL 098-978-0077
ご参考・・イチハナリアートプロジェクトfacebookへ、ツーリズムEXPOジャパンWebサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル浜比嘉島リゾート AJリゾートアイランド伊計島 かりゆしコンドミニアムリゾート沖縄 MEZON MAX オキナワグランメールリゾート
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 第38回 壺屋陶器まつり

2017年11月24日(金)~26日(日) 10:00~18:00
那覇市/那覇市立壺屋小学校

県内の工房が集まり、生活雑器からシーサーなど多彩な作品を展示・販売します。

問合せ先:壺屋陶器事業協同組合 TEL 098-866-3284
ご参考・・壺屋陶器事業協同組合Webサイト

見る 国立劇場おきなわ 企画公演 「アジア・太平洋地域の芸能~吹く~」

国立劇場おきなわ 企画公演 「アジア・太平洋地域の芸能~吹く~」

2017年11月25日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

アジア・太平洋地域に伝わる芸能をご紹介する本公演。今年は中国・韓国・大和及び沖縄に伝わる伝統楽器「吹きもの」にスポットをあて、それぞれの楽器・音楽の類似性や違いを比較しながら、その魅力をお楽しみいただきます。
沖縄の路次楽や琉球古典音楽の横笛をはじめ、大和を代表する音楽として雅楽音楽や尺八、中国からは笛子や洞簫、韓国の大笒など、各国の演奏家が、地域独自の楽器の特徴を活かした演目構成で美しい音色を奏でます。奥深い「吹きもの」の世界をどうぞご堪能ください。

【料金】 一般3,600円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

 久米島車エビフェスタ

2017年11月25日(土) 11:00~16:00
久米島町/水産加工処理施設(久米島)

車エビを使った料理や、フェスタ特価で車エビを購入することができ、ステージでは民謡やフラダンスなど充実したフェスタとなっています。ぜひ足を運んでいただき、満喫した時間をお過ごしください。

問合せ先:久米島漁業協同組合 (担当:譜久里) TEL 098-985-8216

動く 沖縄国際カーニバル2017

2017年11月25日(土)~26日(日) 11:00~21:00
沖縄市/ゲート通り周辺

沖縄市のお祭りの中でもひと際国際色豊かなイベント『沖縄国際カーニバル2017』は、異国情緒溢れるゲート通りを封鎖し2日間に渡って開催されます。メインイベントは、重さ約10トン、長さ約80メートルの綱が使われ、約2,000人の参加者が東西に分かれて引き合う「国際大綱引き」です。両日共に、親子で楽しめる国際色豊かなお祭りですので、是非ご参加ください!
また、通りを埋め尽くす300台を超えるバイクがパレードを行うバイク乗りの一大祭典「バイクパレード」やロックのライブ、ストリートパフォーマンス、観客参加イベントなど、様々なプログラムがある『ゲート#2フェスタ』も同時開催されます。県内はもちろん、最近では県外から参加するグループや個人もあり、年々盛り上がりを見せている注目イベントです。
また、26日(日)11:00~21:00には「ゲート#2フェスタ」も同時開催されます!

問合せ先:沖縄市観光物産振興協会 TEL 098-989-5566
詳細は・・公式Webサイト

2017年12月

動く 2017イチハナリアートプロジェクト+3

イチハナリアートプロジェクト

2017年11月18日(土)~12月3日(日) 10:00~17:00
うるま市/伊計島・宮城島・平安座島・浜比嘉島・海中道路

うるま市の勝連半島から太平洋に向かって手を伸ばすように連なった島々。その一番離れた場所にある伊計島は、古くから「イチハナリ」と呼ばれています。この「イチハナリ」を舞台としたアートによる島おこし計画、『イチハナリアートプロジェクト+3』は今年で6回目を迎えます。
海中道路と勝連半島から連なる四島すべてを舞台に、古民家や空き地を活用した島アートプロジェクト。今年のテーマは「島の記憶」。島々の文化や風景の中に配置され、島の文化や風景の中で輝きを放つアート作品を、各島の美しい自然とともに存分にお楽しみください。
*『イチハナリアートプロジェクト+3』は、世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2017」において、「第3回ジャパン・ツーリズム・アワード」の地域部門賞に選ばれました。

【入場料】 500円(中学生以下は無料)
      *会期中の週末は、島を巡る無料シャトルバス(海中道路出発)を運行します。
      *海中道路及び旧宮城中学校にてルートガイド配布

問合せ先:うるま市観光物産協会 TEL 098-978-0077
ご参考・・イチハナリアートプロジェクトfacebookへ、ツーリズムEXPOジャパンWebサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

ホテル浜比嘉島リゾート AJリゾートアイランド伊計島 かりゆしコンドミニアムリゾート沖縄 MEZON MAX オキナワグランメールリゾート
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 国立劇場おきなわ 特別公演 歌舞劇「かりゆし・かりゆし ~恋するシーサー~」

国立劇場おきなわ 特別公演 歌舞劇「かりゆし・かりゆし ~恋するシーサー~」

2017年12月1日(金) 19:00開演、
2017年12月2日(土)・3日(日) 14:00開演

浦添市/国立劇場おきなわ

お待たせしました! 嘉数道彦作の人気歌舞劇が2年ぶりに登場です!!
300年もの間、沖縄の屋根の上で人々の暮らしを見てきたシーサー夫婦がおりなすいろいろな恋の物語。
歌あり、踊りあり、涙あり、笑いありの沖縄版ミュージカルをお楽しみください。

【料金】 一般2,100円 団体1,600円 高校生以下1,000円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

見る 国立劇場おきなわ 企画公演 創作舞踊と新作組踊「太鼓の縁」

国立劇場おきなわ 企画公演 創作舞踊と新作組踊「太鼓の縁」

2017年12月9日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

第一部は、国立劇場おきなわ主催の創作舞踊大賞から新たに創出された作品を中心に、個性豊かな創作舞踊の数々をご紹介します。第二部では、第10回おきなわ文学賞(平成26年度)の伝統舞台戯曲部門で一席を受賞した、西岡敏作の新作組踊「太鼓の縁」を初の舞台化! 大和から渡来してきた念仏僧と下級士族の悲劇をめぐる人情や希望を描いた作品です。演出は当劇場芸術監督の嘉数道彦、出演は勢いある人気若手実演家を中心に挑みます。新作組踊「太鼓の縁」の初舞台をどうぞご期待ください。

(あらすじ)
十七世紀初頭、日本から琉球に渡ってきた初老の念仏僧・恵中は、念仏を唱え、太鼓や鉦を打つ角付け芸をしながら、各地を巡り、食うや食わずの渡世を続けていた。ある日、道端に倒れていたところ、首里下級士族の青年・虎千代に助けられる。
助けたことが縁となり、虎千代は恵中が身を寄せている安仁屋村の寺に太鼓を習いに通い始める。寺には孤児の亀松が引き取られていた。虎千代は瞬く間に恵中を越えるほどの太鼓打ちに上達する。
折しも薩摩から軍が攻め入る。許嫁の真加那と別れ、虎千代は出陣する。真加那たちは再び虎千代が戻ってくるのを待つが、虎千代はすでにこの世には帰らぬ人となっていた。そして・・・。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

動く 第30回 名護・やんばるツーデーマーチ

2017年12月9日(土)~10日(日)
名護市/スタート・ゴール:21世紀の森屋内運動場

自然豊かやんばる「名護市」でウォーキングを楽しむイベントです。3キロから40キロまでのコースが設定され、参加者は体調にあったコースを選び完歩を目指します。
各コースともにいろんな名護市を発見できます。
*当日参加も可能です。

問合せ先:同実行委員会(名護市商工観光課内) TEL 0980-53-7530
詳細は・・スポーツエントリーWebサイト

見る 国立劇場おきなわ 組踊公演 「花売の縁」

国立劇場おきなわ 組踊公演 「花売の縁」

2017年12月16日(土) 14:00開演
浦添市/国立劇場おきなわ

高宮城親雲上作。1808年の冊封の宴で上演された本作品は、夫婦の情愛や家族の絆を描き、現在でも非常に人気の高い演目です。薪木取の老人の語り口や猿引の猿回し芸など、他の作品では見られない演出や、胸を打つ物語が展開するなど、変化に富んだ見どころの多い作品です。是非ご家族で、心温まる組踊「花売の縁」をお楽しみください。

(あらすじ)
首里の下級士族・森川の子は、色々な不幸が続き生計が立ちゆかなくなってしまったため、妻・乙樽と幼子・鶴松を首里に残し、単身で山原の大宜味へと出稼ぎに出たきり音信不通となります。12年の時が過ぎ、良家の乳母として働き安定した生活を得た乙樽は、成長した鶴松を連れ夫探しの旅に出ます。旅の道中、猿回しの芸を楽しみつつ、薪木取の老人から夫の消息を聞いた母子は、田港村で花売に身をやつした夫と再会を果たします。森川の子は、落ちぶれた姿を見られた恥ずかしさで芦屋に隠れてしまいますが、乙樽の説得により心を開き、夫婦、親子の再会を歓び、ともに首里へと戻るのでした。

【料金】 一般3,100円 *全席指定

問合せ先:国立劇場おきなわチケットカウンター TEL 098-871-3350
詳細は・・国立劇場おきなわWebサイト

見る 第22回 クリスマスファンタジー 2017

2017年12月23日(土・祝)~12月28日(木) *予定
沖縄市/沖縄こどもの国

園内を140万球のイルミネーションが彩る恒例イベント。光と音とレーザーによるオーロラアトラクションを始め、ダンスなどのステージプログラムも充実しています。

【料金】 高校生以上2,200円(1,800円)、4歳~中学生1,200円(1,000円)、3歳以下無料
     *( )内は前売料金

問合せ先:沖縄こどもの国 TEL 098-933-4190、クリスマスファンタジー実行委員会 TEL 098-936-0134
詳細は・・沖縄こどもの国Webサイト

動く 第40回 摩文仁・火と鐘のまつり

摩文仁・火と鐘のまつり

2017年12月31日(日) 22:00~翌1:00
糸満市/沖縄平和祈念堂

参加者全員で戦没者慰霊のたいまつを掲げ、鎮魂の大聖火を焚き、平和を祈り鐘を衝きます。
まつりを通して戦争の悲惨さ平和の尊さを訴え、若い世代に伝えるとともに、ひとりひとり平和への決意を込めて新たな年を迎えます。

問合せ先:公財)沖縄協会 沖縄平和祈念堂管理事務所 TEL 098-997-3011
ご参考・・沖縄平和祈念堂Webサイト

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る