福岡のイベント・祭り情報 

2018年1月~2月

ふくおかサポートねっと

2018年1月

見る 北九州市立美術館 本館 リニューアル・オープン記念 英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》1802年展示 油彩・カンヴァス サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー on loan from Southampton City Art Gallery ©Bridgeman Images / DNPartcom

2017年11月3日(金・祝)~2018年2月4日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館 企画展示室(戸畑区)

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史において最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、古代の美を呼び覚ます歴史風景画にも取り組みました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日においても多くの芸術家にインスピレーションを与えています。
ロンドンに生まれたターナーは、10代で地誌的水彩画家として出発し、若い頃からその才能が認められ、20代の若さでイギリス美術の最高権威、ロイヤル・アカデミーの正会員となりました。イギリス国内はもとより、フランス、スイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅行し、たくさんの風景画を描きました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など多くの版画も残しています。
本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐってご紹介します。最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、
       年末年始(12月29日~1月3日)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,400円(1,200円)、高大生800円(600円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
       *ターナー展観覧券で「ザ・ベスト・コレクション-丘の上の双眼鏡」も観覧できます。

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・公式Webサイトへ、北九州市立美術館Webサイト

見る 北九州市立美術館 本館 リニューアル・オープン記念 ザ・ベスト・コレクション -丘の上の双眼鏡

エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》

エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》1868-69年頃

2017年11月3日(金・祝)~2018年3月18日(日)
前期:2017年11月3日(金・祝)~12月28日(木)
後期:2018年1月4日(木)~3月18日(日)

北九州市/北九州市立美術館 本館 コレクション展示室(戸畑区)

1974年、建築家 磯崎新の設計により、北九州市立美術館は西日本における大規模な公立美術館の先駆けとして開館しました。丘の傾斜面に、2つのコレクション展示室が筒状に迫り出した特徴的な外観から、当館は「丘の上の双眼鏡」とも呼ばれ親しまれてきました。これまで国内外の近現代美術を主軸とした作品を収集し、現在では約7,500点のコレクションを所蔵しています。
本展では、印象派、浮世絵から現代アートまで、多岐にわたる当館のコレクションのなかから厳選した名品を一堂に展示します。また、青木野枝、クワクボリョウタ(前期)、築城則子ら初公開となる新収蔵作品や、新鋭作家 冨安由真の新作(後期)もあわせて紹介します。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、
       年末年始(12月29日~1月3日)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般150円(120円)、高大生100円(80円)、小中生50円(40円)
       *( )内は20名以上の団体料金
       *ターナー展観覧券で観覧できます。

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

【関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 1月20日(土)、2月17日(土) 14:00~
【会場】 展覧会場内 *申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。

見る 有馬記念館 「花鳥画の世界ー久留米藩御用絵師の絵画からー」

2017年11月18日(土)~2018年1月22日(月)
久留米市/有馬記念館

江戸時代に久留米藩の御用絵師を務めた三谷家による絵画資料から、花鳥画を中心にご紹介します。
花鳥画は、草花や鳥などを組み合わせて描いた絵画で、屏風絵や襖絵、掛幅(かけふく)などの形で親しまれてきました。華やかな花鳥画の屏風や掛幅のほか、約5,500点にも上る粉本(ふんぽん)(模写や下絵、写生など)から、花鳥画に関する資料を展示いたします。

【休館日】   火曜日(祝日の場合翌日)、年末年始(12/28~1/1)
【開館時間】  10:00~17:00 *入館は16:30まで
【料金】    高校生以上200円(150円)、小中学生100円(50円)
       *( )内は15名以上の団体料金
       *毎週土曜日は高校生以下無料

問合せ先:公財)有馬記念館保存会事務局 TEL 0942-39-8485
詳細は・・有馬記念館Webサイト

 美味しいお食事しませんか。
ピッツェリア アメニータ  ●日時を指定して、ネット上で予約が可能です。

 イルミネーション2017 門司港レトロ浪漫灯彩

門司港レトロイルミネーション2017 門司港レトロ浪漫灯彩

2017年11月18日(土)~2018年2月25日(日) 17:30~22:00
*11月18日は18:30に点灯、1月1日は午前5:00まで
北九州市/門司港レトロ地区一帯(門司区)

今年も赤いレンガの建物が印象的な門司港レトロで、イルミネーションが開催されます。約30万球の樹木イルミネーションや、歴史的建築物へのライトアップが行われ、レトロでロマンチックな夜を演出します。
きらめくツリーイルミネーションや、水面に映る揺らめく様もお楽しみください。

問合せ先:門司港レトロ倶楽部 TEL 093-332-0106、門司港レトロ総合インフォメーション TEL 093-321-4151
ご参考・・門司港レトロインフォメーションWebサイト

見る 久留米市美術館 「生誕120年 東郷青児展」

東郷青児《望郷》

東郷青児《望郷》1959年 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館蔵

2017年11月23日(木・祝)~2018年2月4日(日)
久留米市/久留米市美術館 本館2階

東郷青児(1897-1978)の生誕120年を機に、初期から1950年代までの作品を中心に、東郷自身の美術観に焦点を当て、一般に知られた戦後の様式に至るまでの過程をたどります。今回の展覧会では、これまで注目されることの少なかった1930年代の作品・資料を相当数集めることができましたので、日本社会が大きく揺れ動いたこの時期に、東郷の独自な様式にも重要な要素が生み出されたことをご覧ください。
*作品およそ60点、資料約40点で構成。

<展示構成>
第1章 内的生の燃焼 1915-28年
初期から渡仏期までの作品を集め、情感漂う東郷独自のスタイルができ上がるまでの道のりをたどります。
第2章 恋とモダニズム 1928-1930年代前半
パリから帰国後の作品に加え、装丁や舞台装置など、これまで断片的にしか取り上げられなかった東郷の仕事も紹介します。そして、心中騒動や男女関係のエッセイなどにも触れます。
第3章 泰西名画と美人画 1930年代後半-1944年
百貨店に活動の場を得てから東郷の制作がどのように変化したかを探ります。また、京都・丸物百貨店と浜松・松菱百貨店の壁画を本展で初めて公開します。
第4章 復興の華1945−50年代
東郷の仕事は、戦後さらに広がりを見せます。そのきっかけとなる作品を制作中の写真や当時の資料も交えて展示します。

【休館日】  月曜日(*ただし、1月8日は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大高生500円(300円)
       中学生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *上記料金にて、石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイトへ、公式Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
美術館スタッフが「生誕120年 東郷青児展」のギャラリートークを行います。
【日時】 毎週土曜日(12月2日、12月16日、1月13日を除く)、日曜日 14:00~14:20
【会場】 集合:本館2階エントランス
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

見る 第6回 まちなかイルミネーション大作戦

まちなかイルミネーション大作戦

2017年11月25日(土)~2018年1月19日(金) 17:00~23:00
飯塚市/飯塚緑道公園(千鳥屋本家裏~片島)

飯塚緑道公園(千鳥屋本家横~片島まで約660メートル)がイルミネーションにてライトアップされます。美しい光の空間をお楽しみください。

問合せ先:同実行委員会(竹下) TEL 090-9591-7838

 愛のイルミネーション

2017年11月25日(土)~2018年1月27日(土) 17:30~23:00(予定)
久留米市/JR荒木駅前広場

JR荒木駅前広場でのイルミネーション。

問合せ先:荒木町活性化推進協議会 TEL 090-2097-8897

見る 福岡城 チームラボ 城跡の光の祭

福岡城

2017年12月1日(金)~2018年1月28日(日) 18:00~22:00 *入場は21:30まで
福岡市/舞鶴公園 福岡城址(中央区)

夜の舞鶴公園・福岡城跡を、インタラクティブな光のデジタルアート空間に変えます!

【料金】 大人1,000円、中高生600円、子ども300円 *3歳以下無料

問合せ先:同実行委員会事務局(西日本新聞イベントサービス内) TEL 092-711-5513
詳細は・・公式Webサイト

見る 九州芸文館 「生誕220年 広重展」

九州芸文館 「生誕220年 広重展」

2017年12月16日(土)~2018年2月4日(日)
筑後市/九州芸文館

江戸後期の浮世絵師・歌川広重は「東海道五拾三次」シリーズや江戸名所絵などの風景版画で人々に親しまれています。本展では、広重生誕220年にあたり、代表作「東海道五拾三次」シリーズほか、江戸や全国各地の名所絵など、主要な版画作品約150点を紹介し、広重の特徴ともいえる繊細な自然描写やユーモラスな人物描写など、広重の風景世界に迫る内容となっています。

【開場時間】 10:00~17:00 *1月28日(日)は20:00まで
       *入場は16:30まで
【休館日】  月曜日、12月29日~1月3日(ただし1月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)休館)
【観覧料】  一般800円、高大生500円、小中生300円 *各種割引あり

問合せ先:九州芸文館 TEL 0942-52-6435
詳細は・・九州芸文館Webサイト

見る 九州歴史資料館 企画展 「学校と炭鉱の昭和史-」

炭鉱画

2017年12月26日(火)~2018年3月4日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

かつて国内最大の産炭地として、日本の近代化を支えた筑豊地域で、鉱山学校として生まれた筑豊工業高校に由来する資料の中から、昭和初期~戦中、昭和20年代までの資料を中心に展示します。
激動の時代の筑豊炭田と、この時代を乗り越えていった当時の筑豊鉱山学校の歩みを紹介する展示です。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
企画展「炭鉱と学校の昭和史」について、担当学芸員が展示資料を当時の時代背景なども交えて、詳しく解説します。
【日時】 1月26日(金) 16:30~17:30
【料金】 一般200円、高校、大学生150円
     *満65歳以上・中学生以下障がいのある方および付き添いの方1名は無料
     *事前申込不要

見る 九州歴史資料館 パネル展 「福岡県の名園をめぐる旅」

2017年12月26日(火)~2018年3月4日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第4展示室

福岡県内には、室町時代の伝雪舟作庭庭園から、寺院や武家屋敷の庭園、また近代炭鉱主邸宅の庭園など、それぞれ時代の特徴と、多彩な美しさを持った魅力ある庭園があります。
福岡県では、そのような県内の歴史的庭園に関する調査を、平成26、27年度に実施しました。
今回のパネル展では、日本庭園の歴史的変遷や県内の美しい庭園の魅力について、最新の調査をあわせて紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日、12月28日~1月4日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

動く 旧福岡県公会堂貴賓館 1月のイベント

2018年1月
福岡市/旧福岡県公会堂貴賓館(中央区)

旧福岡県公会堂貴賓館は・・
天神中央公園の一角に佇むクラシカルな洋館。フレンチ・ルネッサンス様式を基調とするこの木造建築物は、明治時代に来賓接待所として使用されていました。それから百余年、国の重要文化財にも指定され、今もなお明治時代の古き、よき歴史情緒を感じる貴重な建物となっています。

フラワーアレンジメント教室 <生花>Early Spring Bouquet
月毎のテーマに合わせたアレンジメント教室。
1月はチューリップを使ったミニブーケ(花束)。ガラスの花器付です。
初心者の方もお気軽にご参加いただけます。
【日時】 1月18日(木)14:00~15:30、1月20日(土)10:30~12:00
(有料、先着15名、要事前申込)
【開館時間】 9:00~18:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
【入館料】  大人200円(160円)、児童(15歳未満)100円(80円)
       *6歳未満、65歳以上の方は無料
       *( )内は30名以上の団体料金

問合せ先:旧福岡県公会堂貴賓館 TEL 092-751-4416
詳細・申込は・・旧福岡県公会堂貴賓館Webサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
旧福岡県公会堂貴賓館
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 北九州市立小倉城庭園 1月のイベント

新春茶会

新春茶会

2018年1月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

小倉城庭園所蔵品展~九州陶磁の魅力~
小倉城庭園が所蔵する九州のやきものなどを約50点展示します。
【日時】 12月23日(土・祝)~1月28日(日)

新春茶会
茶道講座生の発表の場でもある恒例の新春茶会です。
【日時】 1月20日(土)・21日(日) 9:00~14:00(受付)
【席主】 20日(土)和室=表千家 島田宗香、立礼席=裏千家 楠窪宗代
     21日(日)和室=裏千家 大森宗智、立礼席=表千家 須田宗美 *両日とも有料
【開館時間】 11月~3月まで9:00~17:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 1月のイベント

平尾台

2018年1月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

カルスト文化祭
一般から応募された作品の展示。 絵画、俳句、写真など、「平尾台」をテーマに創られた様々な作品が集まる作品展。
【日時】 2017年11月1日(水)~1月28日(日)
真冬の平尾台ハイキング
平尾台の冬の姿を観察しながらのハイキング。
【日時】 1月28日(日) 13:00~15:30 *雨天中止
【対象】 小学生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、20名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 1月18日(木)必着
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

 筥崎宮神苑花庭園の冬ぼたん

筥崎宮神苑花庭園の冬ぼたん

2018年1月1日(月・祝)~2月下旬 9:30~16:30
福岡市/筥崎宮神苑花庭園(東区)

国指定重要文化財の楼門や一の鳥居を構える筥崎宮(はこざきぐう)の境内にある、筥崎宮神苑花庭園は、四季折々の花と枯山水を楽しめる、本格的な回遊式日本庭園です。
今の時期は、開運富貴の花である冬ぼたんや福寿草が見頃を迎えます。

【入園料】 500円  *中学生以下は父兄同伴の場合、無料

問合せ先:筥崎宮社務所 092-641-7431
詳細は・・筥崎宮Webサイト

 美味しいお食事しませんか。
筥崎 鳩太郎商店  ●日時を指定して、ネット上で予約が可能です。

 津留いちご園 いちご狩り

津留いちご園

2018年1月1日(月・祝)~5月末まで
筑後市/津留邦政いちご園

津留邦政いちご園は、いちごの有名ブランド「かおり野」「紅ほっぺ」のいちご狩りが楽しめる農園です。「かおり野」はあっさりとしたみずみずしい甘さ、「紅ほっぺ」はしっかりとした強い甘さが特長です。
いちごが持つ本来の甘みとみずみずしさを、たっぷり味わってください。
*事前予約の上、ご来場ください。

【料金】 1月以降/小学生以上1,300円、3歳以上650円(60分間食べ放題)
     4月以降/小学生以上1,200円、3歳以上600円(60分間食べ放題)

問合せ先:津留邦政いちご園 TEL 0942-53-1038
詳細は・・津留邦政いちご園Webサイト

 いちご狩り

いちご狩り

イメージ

2018年1月上旬~5月下旬
宗像市/玄海いちご狩り山口農園

安全な栽培方法で育てられた香り豊かで果肉がしっかり詰まった、ミネラルたっぷりの「幸の香(さちのか)」のいちご狩りです。
「高設栽培の畑では、立ったままいちごの摘み取りができます。
*完全予約制(当日可能の場合有)です。

問合せ先:玄海いちご狩り山口農園 TEL 090-4995-1056
詳細は・・玄海いちご狩り山口農園Webサイト

見る 北九州市立美術館 分館 「ヴラマンク展」

《サイロ》

《サイロ》1950年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵 ©ADAGP

2018年1月4日(木)~2月25日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(小倉北区)

フランスの画家モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ヴァイオリン奏者や競輪選手として生計を立てるかたわら、独学で絵を学びました。1905年、激しい色彩表現が特徴的な「野獣派(フォーヴィスム)」の発祥となったサロン・ドートンヌに参加し、画家としての地歩を固めます。やがて、セザンヌの影響を経て、スピード感のある筆致と重厚な色調を用いた独自の画風に至り、雪景色や田園風景、村の通りなどを主題にした風景画や、花瓶の花束を描いた静物画など、叙情的な作風で人々を魅了し続けています。
本展では、フォーヴィスムの作風を脱した1907年頃から、独自の表現に至った最晩年の1958年までの作品約80点を紹介します。また、優れた文筆家でもあったヴラマンクの言葉を手がかりに、制作の裏側や、芸術家の人生に迫ります。

【休館日】  会期中無休
【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【観覧料】  一般1,200円(1,000円)、高・大生800円(600円)、小・中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093‐562‐3215
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

【関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 2月3日(土)14:00~(30分程度)
*申し込み不要、ただし本展観覧料が必要

見る 甘木歴史資料館 平成29年度新春企画展
 「郷土の日本画家徳田玉龍『富嶽百景』~山を描き続けた画伯のキセキPart3~」

甘木歴史資料館 富嶽百景

2018年1月5日(金)~2月25日(日)
朝倉市/甘木歴史資料館

明治生まれ、朝倉市出身の日本画家・徳田玉龍は京都で絵を学び、山を好んで描いた人物です。遺作『富嶽百景』は富士山を様々に描いた10巻からなる玉龍渾身の作。今回は未公開の第8巻から第10巻を公開します。

【開館時間】 9:30~16:30(入館は16:00まで)
【休館日】  毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
【入館料】  無料

問合せ先:甘木歴史資料館 TEL 0946-22-7515
ご参考・・朝倉市Webサイト

 いちご狩り(北野)

いちご狩り

イメージ

2018年1月6日(土)~5月中旬
久留米市/いちごきらり

2017年2月にオープンした減農薬・減化学肥料栽培のこだわりいちご農園。あまおう、かおりの、さちのか、さがほのか、紅ほっぺ、章姫(あきひめ)の6種類のいちご狩りが楽しめます。いちご狩りと持ち帰りのみのプランもあります。

【時間】 10:00~16:00(最終受付15:00)
【開園】 水、木、土、日、祝日
【料金】 1月6日~4月8日=大人1,800円、小学生1,300円、幼児900円
     4月11日~5月6日=大人1,500円、小学生1,100円、幼児800円
     5月9日~5月中旬=大人1,300円、小学生1,000円、幼児700円
     *45分食べ放題、完全予約制。 完熟したいちごが多い午前中がお勧めです。

問合せ先:いちごきらり TEL 080-3379-4115
詳細は・・いちごきらりWebサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
いちご狩り(いちごきらり)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 いちご狩り(田主丸)

いちご狩り

イメージ

2018年1月中旬~5月中旬
久留米市/中野果実園、フルーツファーム樹蘭、鳥越農場(田主丸町)

自然農法栽培のいちご狩りが楽しめます。
いちごの真っ赤な実とは対照的に真っ白ないちごの花が咲くと、農家は蜜蜂をハウスの中に放し、蜜蜂による受粉を行います。蜜蜂はデリケートで農薬やストレスに弱いため、いちごは低農薬で安全な果物と言われています。耳納山麓の気候に育まれた甘く赤いいちごをお楽しみください。

中野果実園(1月中旬~)
【時間】 8:00~17:00
【品種】 あまおう、とよのか、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 1月/小学4年生~大人2,500円、小学生3年生以下2,000円
     2月/小学4年生~大人2,000円、小学3年生以下1,500円
     3月/小学4年生~大人1,500円、小学3年生以下1,200円
     *30分食べ放題
フルーツファーム樹蘭(2月1日~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 あまおう、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 大人1,700円、子ども1,200円、幼児1,000円
     *30分食べ放題
鳥越農場(1月中旬~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 かおり野、紅ほっぺ、さがほのか、やよいひめ、おいCべりー
【料金】 大人1,500円、子ども1,000円
     *30分食べ放題

問合せ先:久留米観光コンベション国際交流協会 田主丸事務所  TEL 0943-72-4956
詳細は・・ほとめきの街久留米Webサイトへ、中野果実園Webサイトへ、フルーツファーム樹蘭Webサイトへ、鳥越農場Webサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
中野果実園
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

見る Overlap mapping  重なりあう地図

Overlap mapping  重なりあう地図

2018年1月15日(月)~21日(日)
福岡市/art space tetra

九州産業大学写真表現コースと九州ビジュアルアーツによる合同展。
メンタルマップを作り続けるメンバー7名が、それぞれのマップを持ち寄り、いっせいに重ね合わせます。

【開催時間】 15日=14:00~21:00、16日~20日=12:00~21:00、21日=10:00~17:00
【イベント】 18:00~ レセプションパーティー、19:00~ トークショー
【参加メンバー】 《九州ビジュアルアーツ》 江頭沙紀、下村恵太、原口良太、松下直人 《九州産業大学》 根石桜、平川達大、山口巧

問合せ先:TEL 090-8361-0762
ご参考・・art space tetraWebサイトへ、チラシデータ

 如意輪寺 火渡り

如意輪寺 火渡り

2018年1月17日(水)
小郡市/如意輪寺

毎年1月17日、如意輪寺の境内では新年の息災を願う「柴灯護摩・火渡りの行」が行われます。積み上げられたヒノキの枝葉を燃やし、その炎の中に僧たちが護摩木を投じ、ほら貝や太鼓等を打ち鳴らしながら読経を続け、無病息災・家内安全などを祈ります。訪れた人たちも、ヒノキの枝が燃え落ちた後の灰の上を裸足で歩き、一年の息災と幸福を祈ります。一年間の幸せを祈りにご参加してみてはいかがでしょうか。

問合せ先:如意輪寺 TEL 0942-75-5294
詳細は・・小郡市観光協会Webサイト

 太宰府検定関連講座~もっと知ろう太宰府講座~ 「大宰府と基肄城(仮)

2018年1月17日(水) 10:00~12:00
太宰府市/プラム・カルコア太宰府

太宰府の歴史・史跡・伝説などを学べる座学です。

【講師】 主悦英徳氏(基山町教育委員会)
【定員】 100人 *多数の場合抽選(要事前申込)
【受講料】 500円

問合せ先:古都大宰府保存協会(大宰府展示館) TEL 092-922-7811
ご参考・・古都大宰府保存協会Webサイト

 二十日えびす

二十日えびす

2018年1月20日(土) 9:30~15:00
筑後市/諏訪神社

全国のえびす神社の総社である西宮えびす神社の末社「諏訪えびす神社」で開催されるお祭り。
神事のあとには、御神酒や約1,000人分の薩摩黒豚汁などが無料で振る舞われ、毎年多くの人で賑わいます。また、福笹の販売や地元の物産市、豪華景品が当たる抽選会も行われます。

問合せ先:筑後市観光協会 TEL 0942-53-4229

 幸若舞

幸若舞

2018年1月20日(土)
みやま市/大江天満神社(瀬高町)

幸若舞(こうわかまい)は、五穀豊穣を願い奉納される日本最古の舞楽。日本芸能の原点といわれる幸若舞を見られるのは全国でもここだけです。700年の伝統を持ち、織田信長も愛したと言われています。
*国指定重要無形民俗文化財

問合せ先:みやま市教育委員会社会教育課 市史編さん係 TEL 0944-32-9183
ご参考・・みやま市Webサイト

 太宰府学講座 第3回 太宰府の専門職員が語る 「道真公の居所とくらしを考察する」

2018年1月20日(土) 13:30~15:30
太宰府市/太宰府市文化ふれあい館

榎社境内での発掘調査から「菅家後集」に描かれた大宰府と遺跡から浮かび上がる実像を照らし合わせ、大宰府官僚の居所とそこでの暮らしぶりに迫ります。

【講師】 山村信栄氏(太宰府市教育委員会)
【定員】 50人
【受講料】 200円
【参加申込締切】 2018年1月6日(土)

問合せ先:太宰府市文化ふれあい館 TEL 092-928-0800
ご参考・・太宰府市文化ふれあい館Webサイト

見る 映画 「スティーブ・ジョブズ」

スティーブ・ジョブズ

2018年1月20日(土) 10:00~、14:00~
春日市/春日市ふれあい文化センター

2015年/アメリカ
(出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット 他)

いま初めて明かされる、奇跡のプレゼンテーションの舞台裏。
1984年。アップル社の新製品発表会を40分後に控える中、スティーブ・ジョブズは部下ともめていた。本番で「ハロー」と挨拶をするはずの新製品「Macintosh」が黙ったままなのだ。部下が諦めるよう説得するが、どうしても挨拶をさせたい彼は耳を貸さない。そこへ元恋人が娘を連れて現れて…。 2011年に他界したアップル社共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。オスカー監督ダニー・ボイルがメガホンを取り、マイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演。共演には「タイタニック」のケイト・ウィンスレットら豪華キャストが集結。3つの新製品発表会の舞台裏にスポットをあて、信念を突き通そうとする姿や、娘リサとの確執と和解を通して、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。世界を大きく変えた製品を次々と世に送り出してきた逸材の姿に胸が熱くなる!

【料金】 施設利用券/1枚300円 *3歳以上有料

問合せ先:春日市ふれあい文化センター TEL 092-584-3366
詳細は・・春日市ふれあい文化センターWebサイトへ、yourube

動く ちくごシアワセ女旅 2017-秋冬版- vol.8

ちくごシアワセ女旅

2017年10月14日(土)~2018年2月24日(土)
筑後市/筑後市内

ちくごシアワセ女旅は、普通なら通り過ぎてしまう「筑後市にある素敵な"ひと""もの""風景"と観光客をつなぐ」をコンセプトに、筑後のいいものを詰め合わせた体験プログラムです。
上記期間中に9プログラムを開催します。
ちくごの「いいもの。」詰め合わせ。ちくごシアワセ女旅だけの、特別体験はいかがですか?
皆様のご参加、お待ちしています!(申し込み日は、公式HPにてご確認ください)

【プログラム】
●1月20日(土)/世界に一つ!大切な人におくる久留米絣を使った革のコインケース作り
●1月27日(土)/野菜ソムリエproが教えるパーティーメニュー
~インスタ映え間違いなし!野菜と果物の可愛いカッティング技術&チョコベジ~
●1月28日(日)/海苔活で恋勝!~バレンタインに作りたいインスタ映えする飾り巻きレッスン~
●2月11日(日・祝)/「あの」恋木神社で巫女体験!~思いを込めたお守り作りで恋愛運UP~
●2月24日(土)/「焼酎初心者におすすめ!酒蔵直伝おいしいお酒の飲み方」

問合せ先:ちくご恋たびプロジェクト委員会事務局(筑後市観光協会内) TEL 0942-53-4229
詳細は・・ちくごシアワセ女旅Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

船小屋温泉 ホテル樋口軒 国民宿舎 筑後船小屋 公園の宿
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

 津屋崎千軒かき巡り

津屋崎千軒かき巡り

2018年1月20日(土)~3月4日(日)
福津市/市内協賛店舗

市内の協賛店舗を巡ってスタンプを集めれば、抽選で福津の特産品が当たるスタンプラリーを開催します。新ブランド津屋崎千軒かきを使った料理を堪能しましょう! また、お魚センターうみがめでは、1キロ千円で津屋崎千軒かきを販売しています。

問合せ先:ふくつ観光協会 TEL 0940-42-9988
詳細は・・ふくつのじかんWebサイト

 石垣山観音寺「初観音大祭」(火渡り)

石垣山観音寺「初観音大祭」(火渡り)

2018年1月21日(日) 10:00~本堂御開帳、11:00~火渡り
久留米市/石垣山観音寺 (田主丸町)

石垣観音寺の伝統行事で、お供えものとして護摩木という願いを書いた札を燃やすと、その煙が天に届き、その願いを届けてくれるという儀式です。参拝者がそれぞれ願望成就を祈願して、残り火が赤くくすぶる炭火の上をお経を唱えながら素足で渡ります。

問合せ先:石垣山観音寺 TEL 0943-72-3490

 三夜さま(月読神社大祭)

三夜さま(月読神社大祭)

2018年1月23日(火)~25日(木) 9:00~
久留米市/月読神社(田主丸町)

毎年1月23日から25日までの3日間行われる三夜様は、月読神社の祭礼です。月読神社の御祭神は月読尊であり、古来から目の神様として信仰され、先を読むということから開運の神や厄除けの神として崇拝されてきました。また、潮の干満が月の引力により引き起こされることから、安産、海上安全、五穀豊穣、大漁にもご利益があるとされています。月読神社が目に霊験あらたかということから、地元の植木や苗木の芽もよくでるようにと願いが込められ、販売されています。この他にも神社境内には数多くの露店が立ち並び、景気のよい声が飛び交っています。

問合せ先:久留米観光コンベンション国際交流協会 田主丸事務所 TEL 0943-72-4956

 御自作天満宮御開扉

御自作天満宮御開扉

2018年1月25日(木) 11:00~
筑紫野市/御自作天満宮

武蔵寺(ぶぞうじ)というお寺の横にある御自作天満宮(ごじさくてんまんぐう)には、菅原道真公が自らの姿を刻んだ坐像が奉ってあり、扉が開かれるのは年に3回しかありません。
道真公が自ら彫られた坐像は全国的にみても珍しいとのこと。ぜひ一度、道真公の姿をご覧になってはいかがでしょうか。

問合せ先:二日市八幡宮 TEL 092-922-3301

 初天神開運大祭

初天神開運大祭

2018年1月25日(木) 12:00~17:00
筑後市/水田天満宮

一年の開運と商売繁盛を祈願して行われます。様々な景品が当たる開運みくじの他、沖縄エイサーや神楽などの舞台が披露され、賑わいます。

問合せ先:水田天満宮 TEL 0942-53-8625
ご参考・・水田天満宮Webサイト

見る 映画 「LION ライオン25年目のただいま」

LION ライオン25年目のただいま

2018年1月26日(金) 10:30~、13:30~、16:30~
宗像市/宗像ユリックス

2016年/オーストラリア
(出演:デヴ・パテル/ルーニー・マーラー/ニコール・キッドマン/デビット・ウェンハム 他)

「25年間迷子だった男が起こした奇跡の実話」
1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。
25年後、友人のひとりから、「Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができる」と教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

【料金】 前売/一般900円、当日/一般1,000円、会員700円、未就学児入場不可

問合せ先:宗像ユリックス TEL 0940-37-1311
詳細は・・宗像ユリックスWebサイトへ、公式Webサイト

動く 《新春》三社参りととらふく料理 バスツアー

《新春》三社参りととらふく料理 バスツアー

2018年1月27日(土)、30日(火) 集合=9:20、解散=15:00~16:00頃(予定)
岡垣町/集合:JR赤間駅

新たなる年は、岡垣町の神社・お寺の三社参りから幕明けを!
町内の高倉神社・成田山不動寺、宗像市の宗像大社にお参りします。
高倉神社は、約1800年もの歴史を持つ旧遠賀郡一円の総社です。空に向かって気持ちよく伸びる5本の楠や、神功皇后が植えたと伝えられる綾杉は、辺りを静寂な空気に包んでくれます。開運厄除、家内安全などのご利益が。
成田山不動寺は、千葉県の成田山新勝寺から不動明王をお迎えして開山した湯川山の中腹に位置するお寺です。境内からのぞむ美しい海岸線や三里松原の眺望が見事です。
岡垣町の隣に位置する宗像市の宗像大社にもお参りします。世界遺産に登録されたことは有名です。
昼食は、波津海岸に面した料理旅館でとらふく料理に舌鼓! お皿いっぱいの鐘崎産の天然とらふく刺しにはきっと大満足されるはずです。
人気のお店、あの「ぶどうの樹」本店に立ち寄り、お気に入りのものも見つけましょう。
新春は岡垣町で新たなる気持ちのスタートを。そして、ふくをお腹に持ち帰り!

【行程】 JR赤間駅集合 →宗像大社参拝 →高倉神社 →波津(昼食) →成田山不動寺 →ぶどうの樹(立寄り)→JR海老津駅 →JR赤間駅(解散)
【参加料】 4,800円(税込) *最少催行人数15名
*6歳未満は無料ですが食事はつきません。申込時に別途選んでください。6歳以上の方は上記料金になります。

問合せ先:岡垣町観光協会 TEL 093-281-5050(水曜定休、12/29~1/3休み)
詳細は・・岡垣町観光協会Webサイト

 大学通信教育合同入学説明会 

大学通信教育合同入学説明会

2018年1月28日(日) 11:00~16:00
福岡市/エルガーラホール8階(中央区)

通信制の大学が集まって合同での入学説明会を開催します。大学別に個別相談形式で行われますので、時間内でしたら、いつでもお出かけ下さい。
希望する大学の教職員から講義内容・学習方法・受講手続き等について、直接相談を受けられます。参加者には大学通信教育の概要、学習方法、開設学科一覧、取得できる教員免許・資格などが掲載されている小冊子『大学通信教育ガイド』(大学・短大編)・(大学院編)を配布します。
*参加申込不要、入場無料、入退場自由

問合せ先:公財)私立大学通信教育協会 TEL 03-3818-3870
詳細は・・公財)私立大学通信教育協会Webサイト

動く 第16回 筑前飯塚・地産大豆de節分まつり

筑前飯塚・地産大豆de節分まつり

2018年1月28日(日) 10:00~13:00
飯塚市/イイヅカコスモスコモン横イベント広場

飯塚市の冬の風物詩として定着した、地元産の大豆を使った豆まき大会です。
まき手は飯塚市内に住む12歳以上の年男、年女。
地元で採れた農産物の販売、豆まきと福引抽選会、餅まき等が行われます。

問合せ先:飯塚市農業委員会事務局 TEL 0948-22-5522

見る 映画 「人生フルーツ」 

人生フルーツ

2018年1月28日(日) 11:00~、14:00~
福岡市/福岡市総合図書館映像ホール・シネラ

2016年/日本
(出演:津端修一、津端英子 ナレーション:樹木希林)

津端修一さん90歳、英子さん87歳 風と雑木林と建築家夫婦の物語
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林の中に佇むモダンな平屋。
それは建築家の津端修一さん(90)が、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。
四季折々のキッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻の英子さん(87)の手でごちそうに変わる。
ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた、そして90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる――― 長年連れ添ったふたりの暮らしから、この国が、ある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索がはじまる。 

【料金】 一般前売1,200円、一般当日1,400円、シニア1,100円、中高生800円、障がい者1,000円

問合せ先:福岡映画サークル協議会 TEL 092-781-2817
詳細は・・福岡映画サークル協議会Webサイトへ、公式Webサイト

見る 夢野久作企画「どんな夢を見ていた?」第一章 月蝕

2018年1月31日(水) 19:00開演
福岡市/住吉神社能楽殿(博多区)

夢野久作が生まれ育った福岡で、『月蝕』という短編小説をモチーフとした公演を開催します。日本最古の演劇といわれる「能」と、本企画の軸でもある『月蝕』の「朗読劇」を、"案内人"を通して、ひとつの大きな物語として展開していきます。

【チケット】 一般3,000円(当日4,000円)、学生2,000円
【出演】   案内人=田坂哲郎
舞囃子『羽衣』=シテ/上野能寛 地謡/東川光夫、東川尚史、田崎甫、木谷哲也 笛/森田徳和 小鼓/飯冨孔明 大鼓/柿原孝則 太鼓/澤田晃良
朗読劇『月蝕』=田坂哲郎、富田文子、針生あかり

問合せ先:ツカノマレーベル運営事務局 https://tsukanomalabel.com/inquiry
ご参考・・ツカノマレーベルWebサイト

2018年2月

見る 北九州市立美術館 本館 リニューアル・オープン記念 英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》

《風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様》1802年展示 油彩・カンヴァス サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー on loan from Southampton City Art Gallery ©Bridgeman Images / DNPartcom

2017年11月3日(金・祝)~2018年2月4日(日)
北九州市/北九州市立美術館 本館 企画展示室(戸畑区)

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史において最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、古代の美を呼び覚ます歴史風景画にも取り組みました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日においても多くの芸術家にインスピレーションを与えています。
ロンドンに生まれたターナーは、10代で地誌的水彩画家として出発し、若い頃からその才能が認められ、20代の若さでイギリス美術の最高権威、ロイヤル・アカデミーの正会員となりました。イギリス国内はもとより、フランス、スイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅行し、たくさんの風景画を描きました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など多くの版画も残しています。
本展は、ターナーの画業と芸術の全貌を、イギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐってご紹介します。最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、
       年末年始(12月29日~1月3日)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般1,400円(1,200円)、高大生800円(600円)、小中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
       *ターナー展観覧券で「ザ・ベスト・コレクション-丘の上の双眼鏡」も観覧できます。

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・公式Webサイトへ、北九州市立美術館Webサイト

見る 北九州市立美術館 本館 リニューアル・オープン記念 ザ・ベスト・コレクション -丘の上の双眼鏡

エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》

エドガー・ドガ《マネとマネ夫人像》1868-69年頃

2017年11月3日(金・祝)~2018年3月18日(日)
前期:2017年11月3日(金・祝)~12月28日(木)
後期:2018年1月4日(木)~3月18日(日)

北九州市/北九州市立美術館 本館 コレクション展示室(戸畑区)

1974年、建築家 磯崎新の設計により、北九州市立美術館は西日本における大規模な公立美術館の先駆けとして開館しました。丘の傾斜面に、2つのコレクション展示室が筒状に迫り出した特徴的な外観から、当館は「丘の上の双眼鏡」とも呼ばれ親しまれてきました。これまで国内外の近現代美術を主軸とした作品を収集し、現在では約7,500点のコレクションを所蔵しています。
本展では、印象派、浮世絵から現代アートまで、多岐にわたる当館のコレクションのなかから厳選した名品を一堂に展示します。また、青木野枝、クワクボリョウタ(前期)、築城則子ら初公開となる新収蔵作品や、新鋭作家 冨安由真の新作(後期)もあわせて紹介します。

【休館日】  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、
       年末年始(12月29日~1月3日)
【開館時間】 9:30~17:30 *入館は17:00まで
【観覧料】  一般150円(120円)、高大生100円(80円)、小中生50円(40円)
       *( )内は20名以上の団体料金
       *ターナー展観覧券で観覧できます。

問合せ先:北九州市立美術館本館 TEL 093-882-7777
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

【関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 1月20日(土)、2月17日(土) 14:00~
【会場】 展覧会場内 *申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。

 イルミネーション2017 門司港レトロ浪漫灯彩

門司港レトロイルミネーション2017 門司港レトロ浪漫灯彩

2017年11月18日(土)~2018年2月25日(日) 17:30~22:00
*11月18日は18:30に点灯、1月1日は午前5:00まで
北九州市/門司港レトロ地区一帯(門司区)

今年も赤いレンガの建物が印象的な門司港レトロで、イルミネーションが開催されます。約30万球の樹木イルミネーションや、歴史的建築物へのライトアップが行われ、レトロでロマンチックな夜を演出します。
きらめくツリーイルミネーションや、水面に映る揺らめく様もお楽しみください。

問合せ先:門司港レトロ倶楽部 TEL 093-332-0106、門司港レトロ総合インフォメーション TEL 093-321-4151
ご参考・・門司港レトロインフォメーションWebサイト

見る 久留米市美術館 「生誕120年 東郷青児展」

東郷青児《望郷》

東郷青児《望郷》1959年 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館蔵

2017年11月23日(木・祝)~2018年2月4日(日)
久留米市/久留米市美術館 本館2階

東郷青児(1897-1978)の生誕120年を機に、初期から1950年代までの作品を中心に、東郷自身の美術観に焦点を当て、一般に知られた戦後の様式に至るまでの過程をたどります。今回の展覧会では、これまで注目されることの少なかった1930年代の作品・資料を相当数集めることができましたので、日本社会が大きく揺れ動いたこの時期に、東郷の独自な様式にも重要な要素が生み出されたことをご覧ください。
*作品およそ60点、資料約40点で構成。

<展示構成>
第1章 内的生の燃焼 1915-28年
初期から渡仏期までの作品を集め、情感漂う東郷独自のスタイルができ上がるまでの道のりをたどります。
第2章 恋とモダニズム 1928-1930年代前半
パリから帰国後の作品に加え、装丁や舞台装置など、これまで断片的にしか取り上げられなかった東郷の仕事も紹介します。そして、心中騒動や男女関係のエッセイなどにも触れます。
第3章 泰西名画と美人画 1930年代後半-1944年
百貨店に活動の場を得てから東郷の制作がどのように変化したかを探ります。また、京都・丸物百貨店と浜松・松菱百貨店の壁画を本展で初めて公開します。
第4章 復興の華1945−50年代
東郷の仕事は、戦後さらに広がりを見せます。そのきっかけとなる作品を制作中の写真や当時の資料も交えて展示します。

【休館日】  月曜日(*ただし、1月8日は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
【開館時間】 10:00~17:00 *入館は16:30まで
【観覧料】  一般1,000円(800円)、65歳以上700円(500円)、大高生500円(300円)
       中学生以下無料、前売券600円
       *( )内は15名以上の団体料金
       *上記料金にて、石橋正二郎記念館もご覧いただけます。

問合せ先:久留米市美術館 TEL 0942-39-1131
ご参考・・久留米市美術館Webサイトへ、公式Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
美術館スタッフが「生誕120年 東郷青児展」のギャラリートークを行います。
【日時】 毎週土曜日(12月2日、12月16日、1月13日を除く)、日曜日 14:00~14:20
【会場】 集合:本館2階エントランス
【料金】 無料 *ただし、本展覧会のチケットが必要

見る 九州芸文館 「生誕220年 広重展」

九州芸文館 「生誕220年 広重展」

2017年12月16日(土)~2018年2月4日(日)
筑後市/九州芸文館

江戸後期の浮世絵師・歌川広重は「東海道五拾三次」シリーズや江戸名所絵などの風景版画で人々に親しまれています。本展では、広重生誕220年にあたり、代表作「東海道五拾三次」シリーズほか、江戸や全国各地の名所絵など、主要な版画作品約150点を紹介し、広重の特徴ともいえる繊細な自然描写やユーモラスな人物描写など、広重の風景世界に迫る内容となっています。

【開場時間】 10:00~17:00 *1月28日(日)は20:00まで
       *入場は16:30まで
【休館日】  月曜日、12月29日~1月3日(ただし1月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)休館)
【観覧料】  一般800円、高大生500円、小中生300円 *各種割引あり

問合せ先:九州芸文館 TEL 0942-52-6435
詳細は・・九州芸文館Webサイト

見る 九州歴史資料館 企画展 「学校と炭鉱の昭和史-」

炭鉱画

2017年12月26日(火)~2018年3月4日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

かつて国内最大の産炭地として、日本の近代化を支えた筑豊地域で、鉱山学校として生まれた筑豊工業高校に由来する資料の中から、昭和初期~戦中、昭和20年代までの資料を中心に展示します。
激動の時代の筑豊炭田と、この時代を乗り越えていった当時の筑豊鉱山学校の歩みを紹介する展示です。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
企画展「炭鉱と学校の昭和史」について、担当学芸員が展示資料を当時の時代背景なども交えて、詳しく解説します。
【日時】 1月26日(金) 16:30~17:30
【料金】 一般200円、高校、大学生150円
     *満65歳以上・中学生以下障がいのある方および付き添いの方1名は無料
     *事前申込不要

見る 九州歴史資料館 パネル展 「福岡県の名園をめぐる旅」

2017年12月26日(火)~2018年3月4日(日)
小郡市/九州歴史資料館 第4展示室

福岡県内には、室町時代の伝雪舟作庭庭園から、寺院や武家屋敷の庭園、また近代炭鉱主邸宅の庭園など、それぞれ時代の特徴と、多彩な美しさを持った魅力ある庭園があります。
福岡県では、そのような県内の歴史的庭園に関する調査を、平成26、27年度に実施しました。
今回のパネル展では、日本庭園の歴史的変遷や県内の美しい庭園の魅力について、最新の調査をあわせて紹介します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日、12月28日~1月4日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】   無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

 筥崎宮神苑花庭園の冬ぼたん

筥崎宮神苑花庭園の冬ぼたん

2018年1月1日(月・祝)~2月下旬 9:30~16:30
福岡市/筥崎宮神苑花庭園(東区)

国指定重要文化財の楼門や一の鳥居を構える筥崎宮(はこざきぐう)の境内にある、筥崎宮神苑花庭園は、四季折々の花と枯山水を楽しめる、本格的な回遊式日本庭園です。
今の時期は、開運富貴の花である冬ぼたんや福寿草が見頃を迎えます。

【入園料】 500円  *中学生以下は父兄同伴の場合、無料

問合せ先:筥崎宮社務所 092-641-7431
詳細は・・筥崎宮Webサイト

 美味しいお食事しませんか。
筥崎 鳩太郎商店  ●日時を指定して、ネット上で予約が可能です。

 津留いちご園 いちご狩り

津留いちご園

2018年1月1日(月・祝)~5月末まで
筑後市/津留邦政いちご園

津留邦政いちご園は、いちごの有名ブランド「かおり野」「紅ほっぺ」のいちご狩りが楽しめる農園です。「かおり野」はあっさりとしたみずみずしい甘さ、「紅ほっぺ」はしっかりとした強い甘さが特長です。
いちごが持つ本来の甘みとみずみずしさを、たっぷり味わってください。
*事前予約の上、ご来場ください。

【料金】 1月以降/小学生以上1,300円、3歳以上650円(60分間食べ放題)
     4月以降/小学生以上1,200円、3歳以上600円(60分間食べ放題)

問合せ先:津留邦政いちご園 TEL 0942-53-1038
詳細は・・津留邦政いちご園Webサイト

 いちご狩り

いちご狩り

イメージ

2018年1月上旬~5月下旬
宗像市/玄海いちご狩り山口農園

安全な栽培方法で育てられた香り豊かで果肉がしっかり詰まった、ミネラルたっぷりの「幸の香(さちのか)」のいちご狩りです。
「高設栽培の畑では、立ったままいちごの摘み取りができます。
*完全予約制(当日可能の場合有)です。

問合せ先:玄海いちご狩り山口農園 TEL 090-4995-1056
詳細は・・玄海いちご狩り山口農園Webサイト

見る 北九州市立美術館 分館 「ヴラマンク展」

《サイロ》

《サイロ》1950年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵 ©ADAGP

2018年1月4日(木)~2月25日(日)
北九州市/北九州市立美術館 分館(小倉北区)

フランスの画家モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ヴァイオリン奏者や競輪選手として生計を立てるかたわら、独学で絵を学びました。1905年、激しい色彩表現が特徴的な「野獣派(フォーヴィスム)」の発祥となったサロン・ドートンヌに参加し、画家としての地歩を固めます。やがて、セザンヌの影響を経て、スピード感のある筆致と重厚な色調を用いた独自の画風に至り、雪景色や田園風景、村の通りなどを主題にした風景画や、花瓶の花束を描いた静物画など、叙情的な作風で人々を魅了し続けています。
本展では、フォーヴィスムの作風を脱した1907年頃から、独自の表現に至った最晩年の1958年までの作品約80点を紹介します。また、優れた文筆家でもあったヴラマンクの言葉を手がかりに、制作の裏側や、芸術家の人生に迫ります。

【休館日】  会期中無休
【開館時間】 10:00~18:00 *入館は17:30まで
【観覧料】  一般1,200円(1,000円)、高・大生800円(600円)、小・中生600円(400円)
       *( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

問合せ先:北九州市立美術館分館 TEL 093‐562‐3215
詳細は・・北九州市立美術館Webサイト

【関連イベント】
学芸員によるギャラリートーク
【日時】 2月3日(土)14:00~(30分程度)
*申し込み不要、ただし本展観覧料が必要

見る 甘木歴史資料館 平成29年度新春企画展
 「郷土の日本画家徳田玉龍『富嶽百景』~山を描き続けた画伯のキセキPart3~」

甘木歴史資料館 富嶽百景

2018年1月5日(金)~2月25日(日)
朝倉市/甘木歴史資料館

明治生まれ、朝倉市出身の日本画家・徳田玉龍は京都で絵を学び、山を好んで描いた人物です。遺作『富嶽百景』は富士山を様々に描いた10巻からなる玉龍渾身の作。今回は未公開の第8巻から第10巻を公開します。

【開館時間】 9:30~16:30(入館は16:00まで)
【休館日】  毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
【入館料】  無料

問合せ先:甘木歴史資料館 TEL 0946-22-7515
ご参考・・朝倉市Webサイト

 いちご狩り(北野)

いちご狩り

イメージ

2018年1月6日(土)~5月中旬
久留米市/いちごきらり

2017年2月にオープンした減農薬・減化学肥料栽培のこだわりいちご農園。あまおう、かおりの、さちのか、さがほのか、紅ほっぺ、章姫(あきひめ)の6種類のいちご狩りが楽しめます。いちご狩りと持ち帰りのみのプランもあります。

【時間】 10:00~16:00(最終受付15:00)
【開園】 水、木、土、日、祝日
【料金】 1月6日~4月8日=大人1,800円、小学生1,300円、幼児900円
     4月11日~5月6日=大人1,500円、小学生1,100円、幼児800円
     5月9日~5月中旬=大人1,300円、小学生1,000円、幼児700円
     *45分食べ放題、完全予約制。 完熟したいちごが多い午前中がお勧めです。

問合せ先:いちごきらり TEL 080-3379-4115
詳細は・・いちごきらりWebサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
いちご狩り(いちごきらり)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 いちご狩り(田主丸)

いちご狩り

イメージ

2018年1月中旬~5月中旬
久留米市/中野果実園、フルーツファーム樹蘭、鳥越農場(田主丸町)

自然農法栽培のいちご狩りが楽しめます。
いちごの真っ赤な実とは対照的に真っ白ないちごの花が咲くと、農家は蜜蜂をハウスの中に放し、蜜蜂による受粉を行います。蜜蜂はデリケートで農薬やストレスに弱いため、いちごは低農薬で安全な果物と言われています。耳納山麓の気候に育まれた甘く赤いいちごをお楽しみください。

中野果実園(1月中旬~)
【時間】 8:00~17:00
【品種】 あまおう、とよのか、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 1月/小学4年生~大人2,500円、小学生3年生以下2,000円
     2月/小学4年生~大人2,000円、小学3年生以下1,500円
     3月/小学4年生~大人1,500円、小学3年生以下1,200円
     *30分食べ放題
フルーツファーム樹蘭(2月1日~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 あまおう、さちのか、紅ほっぺ
【料金】 大人1,700円、子ども1,200円、幼児1,000円
     *30分食べ放題
鳥越農場(1月中旬~)
【時間】 10:00~16:00
【品種】 かおり野、紅ほっぺ、さがほのか、やよいひめ、おいCべりー
【料金】 大人1,500円、子ども1,000円
     *30分食べ放題

問合せ先:久留米観光コンベション国際交流協会 田主丸事務所  TEL 0943-72-4956
詳細は・・ほとめきの街久留米Webサイトへ、中野果実園Webサイトへ、フルーツファーム樹蘭Webサイトへ、鳥越農場Webサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
中野果実園
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

動く 旧福岡県公会堂貴賓館 2月のイベント

2018年2月
福岡市/旧福岡県公会堂貴賓館(中央区)

旧福岡県公会堂貴賓館は・・
天神中央公園の一角に佇むクラシカルな洋館。フレンチ・ルネッサンス様式を基調とするこの木造建築物は、明治時代に来賓接待所として使用されていました。それから百余年、国の重要文化財にも指定され、今もなお明治時代の古き、よき歴史情緒を感じる貴重な建物となっています。

フラワーアレンジメント教室 <プリザーブドフラワー>KIDS・おひなさまアレンジ
プリザーブドフラワーでひなまつりアレンジを作ります。
【日時】 2月10日(土)14:00~15:30
【対象】 5歳以上、小学生以下のお子さま *未就学のお子さまは保護者同伴でお願いします。
(有料、先着10名、要事前申込)
フラワーアレンジメント教室 <生花>オトナ・ひなまつり!アレンジ
月毎のテーマに合わせたアレンジメント教室。
2月はひなまつりアレンジを作ります。
初心者の方もお気軽にご参加いただけます。
【日時】 2月22日(木)、24日(土) 各日とも14:00~15:30
(有料、先着15名、要事前申込)
【開館時間】 9:00~18:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
【入館料】  大人200円(160円)、児童(15歳未満)100円(80円)
       *6歳未満、65歳以上の方は無料
       *( )内は30名以上の団体料金

問合せ先:旧福岡県公会堂貴賓館 TEL 092-751-4416
詳細・申込は・・旧福岡県公会堂貴賓館Webサイト

 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
旧福岡県公会堂貴賓館
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 北九州市立小倉城庭園 2月のイベント

小笠原流 加冠の儀

小笠原流 加冠の儀

2018年2月
北九州市/北九州市立小倉城庭園

佐藤辰美コレクション展 ~痕跡の美~ 古きものに思いをはせる
佐藤氏が集めた仏教美術の名品を展示します。
【日時】 2月7日(水)~4月8日(日)
=関連イベント=
ギャラリートーク
【日時】 2月12日(月・祝)14:00~14:30 *申込不要

小笠原流 加冠の儀
一般公募で選ばれた新成人女性が体験します。
また、「加冠の儀」を祝って小笠原流弓の儀式「三々九手挟式」も行います。
【日時】 2月25日(日) 12:00~13:00、三々九手挟式 13:00~14:00
【開館時間】 11月~3月まで9:00~17:00 (受付は閉館30分前まで)
【入館料】  一般300円、中高生150円、小学生100円

問合せ先:北九州市立小倉城庭園 TEL 093-582-2747
詳細は・・北九州市立小倉城庭園Webサイト

動く 平尾台自然観察センター 2月のイベント

平尾台

2018年2月
北九州市/平尾台自然観察センター(小倉南区)

平尾の森ハイキング
平尾台集落周辺の森の中を巡るハイキング。
【日時】 2月12日(月・休) 10:00~14:30 *雨天中止
【対象】 小学生以上 *中学生以下は要保護者同伴
(無料、20名、要事前申込。申込多数の場合は抽選)
【参加申込締切】 2月2日(金)必着
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】  月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
【入館料】  無料

問合せ先:平尾台自然観察センター TEL 093-453-3737
詳細は・・平尾台自然観察センターWebサイト

動く 平尾台自然の郷 2月のイベント

平尾台ふゆはなび

2018年2月
北九州市/平尾台自然の郷(小倉南区)

第10回 平尾台ふゆはなび
平尾台の冬空を音楽とレーザー光線で彩る花火ショー。花火ショーまでのお時間も、ステージイベント・あったか屋台など、お楽しみ盛りだくさん
【日時】 2月11日(日)17:00~19:30 *17:00~ステージイベント、19:00~花火ショー
【料金】 観覧無料
*荒天時は翌日に順延
*当日は渋滞が予想されますのでお早めにお越しください。
*暖かい服装で、冬の平尾台をお楽しみください。
【開館時間】 10:00~16:00 (3月~11月は9:00~17:00 )
【休館日】  火曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始
【入園料】  無料

問合せ先:平尾台自然の郷 TEL 093-452-2715
詳細は・・平尾台自然の郷Webサイト

 太宰府天満宮の梅

太宰府天満宮の梅"

2018年2月~3月上旬
太宰府市/太宰府天満宮

学問の神様として有名な太宰府天満宮は、梅の名所としても知られています。
御祭神 菅原道真公を慕い都から飛来したと言い伝えられる御神木「飛梅」をはじめ、境内6,000本約200種の梅の花が清らかな香りを漂わせ神苑に早春を告げます。
2月から3月上旬にかけ、極早咲-早咲-本咲-遅咲-極遅咲と時期をずらして次々に咲き誇ります。
春の気配を感じながら、隣接する九州国立博物館とともに、のんびり散策してみませんか。
毎月25日の菅原道真公の月命日のみ販売される、太宰府名物「梅ヶ枝餅」よもぎ入りバージョンも見逃せません。

問合せ先:太宰府天満宮社務所 TEL 092-922-8225
ご参考・・太宰府天満宮Webサイト

 美味しいお食事しませんか。
イタリアンレストラン ポルタータスイートバジル 二日市店
●日時を指定して、ネット上で予約が可能です。

 泊りがけで、出かけませんか。

ルートイングランティア太宰府 大丸別荘 大観荘 アイビーホテル筑紫野
●宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。

 久留米宗社 日吉神社 節分祭

日吉神社 節分祭

2018年2月3日(土) 追儺の儀10:00~、豆まき17:00~、18:00~、19:00~
久留米市/久留米宗社 日吉神社(日吉町)

立春の前日に行われる開運厄よけ家内安全商売繁盛を祈願する恒例の節分祭です。10時から追儺(ついな)の儀、また久留米の四方位に向け鳴弦(めいげん)の儀が行われ、開運・厄よけ・商売繁昌・家内安全を鳴弦蟇目法(めいげんひきめほう)にて祈願されます。17時からは豆まきが行われます(約3,000袋)。
また、あめ湯が無料で振舞われるほか、豪華商品があたるクジ付き福豆(500円)などが販売されます。

問合せ先:日吉神社 TEL 0942-32-3770
詳細は・・久留米宗社日吉神社Webサイト

 太宰府天満宮 節分厄除祈願大祭

2018年2月3日(土)
太宰府市/太宰府天満宮

3日は旧正月立春の前日の節分の日に当り、御本殿において節分祭を執り行います。この後、「福は内鬼は外」と唱えながら豆を撒き、邪気・邪霊を祓う豆まき神事(11時頃、14時の2回)を行います。
御参拝の際は、『福まめ』を受けられ本年の福を授かってください。

問合せ先:太宰府天満宮 TEL 092-922-8225
ご参考・・太宰府天満宮Webサイト

 宗像大社大節分祭

宗像大社大節分祭

2018年2月3日(土) 11:00~祭典、終了後豆打ち式
宗像市/宗像大社

立春の前日を節分と言い、季節の変わり目に増える病気や災害を鬼に見立てて、豆を打って追い払います。
この節分の日に災難を除き悪鬼・邪鬼を追い払う、追難神事が各地で行われ、厄年祓祈願が盛大に執り行われます。
宗像大社でも厄年祓い祈願、景品付き豆打ち式が行われます。

問合せ先:宗像大社 TEL 0940-62-1311
ご参考・・宗像大社Webサイト

 門司港レトロひなまつり

門司港レトロひなまつり

2018年2月3日(土)~3月4日(日)
北九州市/三宜楼・旧門司税関・旧門司三井倶楽部・その他レトロ地区の各施設や栄町銀天街

各施設で、明治・大正・昭和時代の雛飾りが展示され、さげもん展(2/14~2/22、旧門司三井倶楽部)や各種イベントが開催されます。

問合せ先:門司港レトロ倶楽部 TEL 093-332-0106

 泊りがけで、出かけませんか。

プレミアホテル門司港 ホテルルートイン門司港 MOJI PORT
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
人力車貸切プラン(人力車えびす屋関門)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

見る 第18回 いいづか雛(ひいな)のまつり

いいづか雛のまつり

旧伊藤伝右衛門邸

2018年2月3日(土)~3月27日(火) *会場により開催期間が異なります。
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸、麻生大浦荘、嘉穂劇場、千鳥屋本家、旧松喜醤油屋、飯塚市中心商店街、天道商店街、庄内ハーモニー、内野宿など17会場

江戸時代から現在までの雛飾りを展示しており、期間中は旧伊藤伝右衛門邸、麻生大浦荘、嘉穂劇場、千鳥屋本家での特別展示をはじめ、飯塚の各施設や商店街で様々な展示や催しが行われます。
メイン会場の旧伊藤伝右衛門邸では、座敷雛で日本の祭りを表現します。

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
詳細は・・飯塚観光協会Webサイト

見る いいづか雛(ひいな)のまつり 旧伊藤伝右衛門邸

いいづか雛のまつり

旧伊藤伝右衛門邸

2018年2月3日(土)~3月27日(火)
飯塚市/旧伊藤伝右衛門邸

筑豊の炭鉱王と称された伊藤伝右衛門と、歌人・柳原白蓮の住まいであった旧伊藤伝右衛門邸では、毎年日本一の規模を誇る座敷雛が公開されています。
今年は「雛が見た日本の祭り」をテーマとし、北は青森のねぶたから南は博多の山笠まで、祭りをテーマにお雛様を一堂に集め、雛の目から見た日本のまつりを展示。柳原白蓮の叔父となる明治天皇を模して作成された明治天皇御大典雛、皇室に縁深い皇女和宮の人形や非常に珍しいお雛様を取り巻く変わり雛など個性豊かな雛たちが展示されます。

【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】 期間中無休
【料金】  高校生以上300円(240円)、小・中学生100円(80円)
      *( )内は20名様以上の団体料金
      *土曜日に限り高校生以下は無料
      *身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方は無料(受付で手帳をご提示ください)また、手帳をご提示された方の介護者も無料となります。

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
ご参考・・旧伊藤伝右衛門邸Webサイト

 成田山 節分祭

2018年2月4日(日) *豆まきは11:00から行われる大護摩供(おおごまく)が終了次第
久留米市/成田山久留米分院(上津町)

一年の厄を払い、多幸を願う成田山節分祭が今年も開催されます。開運・厄除け祈願を受けた年男・年女がまく約2万袋の福豆には、豪華景品引換券が入っております。昨年も福豆を求める約2,000人の参拝客で賑わいました。

問合せ先:成田山久留米分院 TEL 0942-21-7500
ご参考・・成田山久留米分院Webサイト

 大学稲荷神社 初午祭(粥占い)

2018年2月7日(水) 11:00~13:00
久留米市/大学稲荷神社(御井町)

2月始めの午の日を「初午(はつうま)」と称し、各所の稲荷神社では、豊作祈願の祭礼が行われます。この日、高良山の大学稲荷神社では粥占い(かゆうらない=一年の作柄を粥に生じたカビによって占う)の神事の結果発表を行い、今年の粥占いの結果を求め多くの方が参拝されます。

問合せ先:大学稲荷神社 TEL/FAX 0942-43-4937

 初午祭

初午祭

2018年2月7日(水)
小郡市/黒岩稲荷神社

壇ノ浦の戦いで敗退した平家一門の慈禅尼が岩穴に隠れて霊を祀ったという歴史をもつ黒岩稲荷神社境内で、五穀豊穣や商売繁盛を祈るお祭りが毎年2月の初午の日に行われます。ぜんざいが振る舞われたり、ひょっとこ踊りの奉納があるなど、多くの人で賑わいます。

問合せ先:小郡市観光協会 TEL 0942-72-4008
詳細は・・小郡市観光協会Webサイト

 九州歴史資料館 第11回九歴講座「歴史遺産としての求菩提山の保存と活用」

2018年2月10日(土) 13:30~15:30
小郡市/九州歴史資料館 研修室

求菩提山は修験の山として、また、地域のシンボルとして人々に親しまれてきました。平成13年には国の史跡指定を受け、 周辺地域を含めその保存と活用について様々な取り組みが行われています。その経緯と現状を紹介し、歴史遺産の活用について考えていきます。

【講師】 栗燒憲児氏(求菩提資料館 館長)
【定員】 先着160名 *事前申込不要、11:00から整理券配布、13:00から番号順に入場
【料金】 無料

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

見る 映画 「燦燦」

燦燦

2018年2月10日(土) 10:00~、14:00~、18:00~
大野城市/大野城まどかぴあ

2013年/日本
(出演:吉行和子、山本學、宝田明 他)

長い期間介護を続けてきた夫が死去して以来一人で暮らす77歳の鶴本たゑ(吉行和子)は、どこか物足りない思いを抱え日々過ごしていた。そんなある日、外出中の彼女はショーウインドーに飾られたウエディングドレスに目を留める。残り少ない人生を輝かせたいと思い立ったたゑは、息子夫婦らに反対されながらも人生のラストパートナーを探すため、婚活に励んでいく…。

【料金】 施設利用券/1枚300円、4枚回数券1,000円  *未就学児入場不可、託児あり

問合せ先:大野城まどかぴあ TEL 092-586-4000
詳細は・・大野城まどかぴあWebサイトへ、公式Webサイト

動く 福津の花学校

福津の花学校

2018年2月10日(土)~11日(日・祝)
福津市/イオンモール福津1階 サウスコート

1.親子向けフラワーアレンジメント講座(11:00〜1時間程度)
2.寄せ植え講座(13:30〜1時間程度)
3.男性向けフラワーアレンジメント講座(15:00〜1時間程度)
4.おひるねアート(10:00〜17:00随時)
5.花検定(10:00〜17:00随時)
*1〜3は参加者事前募集(募集期間は2018年1月中旬〜下旬頃の予定)
*1〜4は有料(料金未定)
*内容は予定であり変更になる可能性あり

問合せ先:福津市地域振興課 商工・ブランド推進係 TEL 0940-62-5014

 石橋文化センター 春の花まつり2018 梅まつり

石橋文化センター 春の花まつり2017 梅まつり

2018年2月10日(土)~3月4日(日) 10:00~17:00  *月曜休館、祝日の場合は開館
久留米市/石橋文化センター(野中町)

園内には約140本の梅があり、2月中旬から見頃を迎え、白梅や紅梅が咲き誇ります。
その見頃に合わせ、2月25日(日)には、梅ウォークを開催します。
また、期間中、楽水亭では、梅メニューや梅グッズを取り揃えています。

久留米の梅名所めぐり~梅ウォーク(約9キロの観光ウォーキング)
【日時】 2月25日(日)9:00~12:00 *受付は8:30~
【場所】 石橋文化センター~梅林寺 など *天候によりコース変更あり
【参加料】 500円(久留米温泉入浴券付き)
【定員】 100名程度(先着順)
【申込】 2月18日(日)までに、電話または直接窓口に申込み。参加料は当日徴収
春の花まつり in 楽水亭~梅フェア
【日時】 2月10日(土)~3月4日(日)
【場所】 カフェ&ギャラリーショップ楽水亭(日本庭園や紅白梅が一望できるショップ)

問合せ先:石橋文化センター TEL 0942-33-2271(月曜休館、祝日の場合は開館)
ご参考・・石橋文化センターWebサイト

見る 九州国立博物館 特別展 「王羲之と日本の書」

妹至帖

妹至帖 1幅
(搨摸)唐時代・7~8世紀
(原跡)王羲之筆 東晋時代・4世紀
九州国立博物館

2018年2月10日(土)~4月8日(日)
太宰府市/九州国立博物館

日本人と文字の本格的なかかわりは、1300年以上前の奈良時代にさかのぼります。当時憧れの手本は、中国・4世紀の王羲之の書でした。その肉筆はすべて失われましたが、唐時代に精密に再現された至高の複製が王羲之の書の真価を今に伝えています。
本展では、書聖とよばれた王羲之の書を源泉とし、「見て」も面白い日本の書の流れを、逸品ぞろいでご紹介します。“打つ”文字にはない、筆で書かれた文字の流麗さや豪放さなど、文字のさまざまな書きぶりに驚かされることでしょう。
古い筆の跡をたどり、時空をこえた筆者の心の動きと出会ってみませんか。

【休館日】  毎週月曜日(ただし、2月12日(月・祝)は開館、2月13日(火)は休館)
【開館時間】 日曜日・火曜日~木曜日=9:30~17:00(入館は16:30まで)
       金曜日・土曜日=9:30~20:00(入館は19:30まで)
【観覧料】  一般1,600円(1,400円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円)
       夜間割引料金:一般1,400円、高大生800円、小中生400円
       (夜間開館当日午後5時以降に当館内券売所で販売。
        夜間割引料金で購入されたチケットで17時以前に入場することはできません。)
       *( )内は前売りおよび団体料金(有料の方が20名以上の場合)。
       *上記料金で九州国立博物館4階「文化交流展(平常展)」もご観覧いただけます。
       *満65歳以上の方は前売り一般料金でご購入いただけます。

問合せ先:NTTハローダイヤル TEL 050-5542-8600(8時~22時)
詳細は・・九州国立博物館Webサイトへ、招待券プレゼントページ

応募フォーム

【関連イベント】
リレー講座「王羲之と日本の書」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日受付)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
第1回 「王羲之愛好と書の魅力」
【日時】 2月10日(土) 14:00~15:30
【講師】 島谷弘幸(九州国立博物館 館長)
第2回 「古い筆跡たちのささやき」
【日時】 2月17日(土) 14:00~15:30
【講師】 丸山猶計(九州国立博物館 文化財課資料登録室長)

席上揮毫会(書のデモンストレーション)
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【定員】 先着280名(事前申込不要、当日9:30~整理券配布)
【料金】 無料 *本展観覧券もしくは半券の提示が必要
<第1回>【日時】 2月11日(日) 14:00~
     【出演】 黒田賢一先生(日展理事、公社)日本書芸院理事長)
          陣軍陽先生(日展準会員、公社)日本書芸院董事)
          岩田海道先生(日展準会員、西日本書美術協会理事長)
<第2回>【日時】 2月18日(日) 14:00~
     【出演】 高木聖雨先生(日展会員、大東文化大学教授)
          吉田成美先生(日展準会員 九州創玄書道会委員長)
          吉村宣枝先生(日展会友、那乃津会会長)

高校生書道パフォーマンス
【日時】 3月18日(日) 13:00~
【会場】 九州国立博物館1階 エントランスホール
【出演】 福岡県立香椎高等学校、佐賀県立佐賀北高等学校、大分高等学校
【料金】 無料

関連企画「九州の現代書壇展」
【会場】 九州国立博物館1階 ミュージアムホール
【料金】 無料
西日本書美術協会選抜作家展
【日時】 3月13日(火)~18日(日)
西部毎日書道会選抜作家展
【日時】 3月20日(火)~25日(日)
日本書芸院九州・沖縄選抜作家展
【日時】 3月27日(火)~4月1日(日)
謙慎書道会 九州・沖縄選抜作家展
【日時】 4月3日(火)~8日(日)

関連イベントに関する問合せ先:西日本新聞イベントサービス内「王羲之と日本の書」係 TEL 092-711-5491(平日9:30~17:30)

見る 九州歴史資料館 企画展 「堅粕薬師と東光院の古仏たち」

薬師如来立像

薬師如来立像

2018年2月10日(土)~4月11日(水)
小郡市/九州歴史資料館 第1展示室

古くから「堅粕薬師」の名で知られる薬師如来の巨像をはじめ、福岡市内きっての古刹「東光院」に伝わった、金剛力士立像や十二神将立像など、平安時代から南北朝時代の貴重な古仏群(国指定重要文化財)のうちから、約30軀を、一堂に展示します。

【休館日】   月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日)
【開館時間】  9:30~16:30(入館は16:00まで)
【観覧料】  第1・3展示室のみ有料
       一般200円(150円)、高大生150円(100円)
       *中学生以下、満65歳以上の方、障害のある方とその介護者1名は無料
       *土曜日は高校生も無料
       *( )内は20名以上の団体料金

問合せ先:九州歴史資料館 TEL 0942-75-9575
ご参考・・九州歴史資料館Webサイト

【関連イベント】
ギャラリートーク
企画展「堅粕薬師と東光院の古仏たち」について、担当学芸員が展示資料を当時の時代背景なども交えて、詳しく解説します。
【日時】 2月23日(金) 16:30~17:30
【料金】 一般200円、高校、大学生150円
     *満65歳以上・中学生以下障がいのある方および付き添いの方1名は無料
     *事前申込不要

見る  平成29年度 香蘭女子短期大学沖縄公開講座 「粋がっていきがうどぅい(男踊り)」

2018年2月11日(日・祝) 13:30~15:30
福岡市/香蘭女子短期大学 753教室(南区)

沖縄舞踊の男の所作に焦点をあて、男の舞踊を考えてみたいと思います。

【出演】 踊り手/特別出演=宮城りつ子(真踊流佳幸の会師範・香蘭女子短期大学卒業生)
         外間清子(柳清本流柳美会外間清子琉球舞踊研究所)
         木村清美(安座間本流大北満之会木村清美琉球舞踊研究所)
     地謡/ 歌・三線/上原伸浩・一瀬悦朗(琉球古典音楽野村流保存会九州支部 師範)他
         太鼓/大城みゆき他(琉球音楽太鼓つくし会)
         箏/尾身恭子(琉球箏曲保存会)
         笛/蔵園有生(笹の会)
     ゆんたく(話 )/西表宏(香蘭女子短期大学教授)
【定員】  150名
【受講料】 1,000円
【受付開始】1月17日(水)9:30~

問合せ・お申込先:香蘭女子短期大学 公開講座係 TEL 092-581-1538
ご参考・・香蘭女子短期大学Webサイト

 嘉麻市梅林公園の梅

嘉麻市梅林公園

2018年2月11日(日・祝)~3月11日(日)
嘉麻市/嘉麻市梅林公園

約400本の梅が咲き誇る嘉麻市梅林公園。2月中旬~3月中旬にかけての観梅期間には、多くの観光客で賑わいます。
3月4日(日)11:00~には観梅会が行われ、楽宴祭や弥栄神楽座、歓韻太鼓、その他幼稚園児の演技、接待所、出店等(商工会青年部、お茶店、焼きそば等)があります。

問合せ先:嘉麻市山田地区公民館 下山田分館 TEL 0948-52-1369

 柳川雛祭り「さげもんめぐり」

柳川雛祭り さげもん

2018年2月11日(日・祝)~4月3日(火)
柳川市/市内各施設、商店街など

この地方独特の「さげもん」を飾る、柳川のひなまつり。
期間中は、市内各所で美しいひな飾りを見学でき、数多くのイベントが催されます。

問合せ先:柳川市観光協会 TEL 0944-73-2145
詳細は・・柳川市観光協会Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

柳川藩主立花邸 料亭旅館 御花 白柳荘 ホテルルートイン柳川駅前 ホテルニューガイア柳川
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
柳川川下り
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 筑後吉井おひなさまめぐり

2018年2月11日(日・祝)~4月3日(火)
うきは市/白壁通りほか(吉井町)

白壁土蔵の町並みを背景に、吉井町内の旧家や町在住者が所蔵する江戸時代から現在までの豪華なものから珍しいもの等、数多くのおひなさまを商店、旧家、公共施設などで見ることができます。
おひなさまめぐりの後は、市内の吉井温泉、筑後川温泉や、近くの原鶴温泉で温泉巡りも楽しめます。

問合せ先:うきは市観光協会 TEL 0943-76-3980
詳細は・・うきは市Webサイト

 泊りがけで、出かけませんか。

清乃屋 桑之屋 ふくせんか (ペット可)
●宿泊施設の宿泊料金・プランは、上記ホテル名をクリックするとご覧いただけます。予約もネット上で可能です。
 ワクワク体験 & 遊びを、満喫しませんか。
筑後川温泉・和食会席とお部屋休憩(虹の宿ホテル花景色)、いちご狩り(よかもんいちご)
●日付を指定して検索すると料金をご確認いただけます。予約もネット上で可能です。

 伊豆本店 酒蔵開き

伊豆本店 酒蔵開き

2018年2月16日(金)~18日(日)
宗像市/伊豆本店

その日から売り出す寒仕込み新酒「初しぼり原酒」「にごり酒原酒」は、季節限定の生酒で人気。
酒饅頭なども販売します。
*期間中は、JR赤間駅より無料のシャトルバスを運行

問合せ先:伊豆本店 TEL 0940-32-3001
詳細は・・伊豆本店Webサイト

 第24回 城島酒蔵びらき

城島酒蔵びらき

2018年2月17日(土)~18日(日) 9:30~16:00
久留米市/「町民の森」及び開放される7酒蔵(城島町、三潴町、大善寺町)

「城島の酒」の8つの酒蔵が参加する九州最大の早春酒蔵びらき。
会場では、毎年行列のできる城島の酒飲みくらべ、元気鍋、角打ちコーナー、お燗コーナーのほか、酒造り唄の披露や龍神太鼓演奏など盛りだくさんの内容です。
また、酒蔵の一般開放もあり、蔵元ならではの雰囲気を味わえます。メイン会場からは酒蔵へのシャトルバスが運行し、一日中楽しんでいただけます。
各々の自慢の酒とできたての新酒で、皆様のお越しをお待ちしております。

【参加酒蔵】 旭菊池亀筑紫の誉、花の露、 比翼鶴(開放なし)、萬年亀、瑞穂錦、杜の蔵

問合せ先:久留米南部商工会 TEL 0942-64-3649
詳細は・・公式Webサイト

 第28回 さざんか祭り

さざんか祭り

2018年2月18日(日) 11:00~13:00
久留米市/石垣山観音寺(田主丸町石垣)

観音寺のハルサザンカは樹齢350年といわれ、師走になると、他の木々より一足早く花を咲かせます。花は中輪の半八重で赤く丸みを帯び、3月まで咲き続けます。さざんか祭りでは、境内でお接待があります。
*観音寺は白鳳2年天武天皇の勅願寺として創建され、日本最古の埋蔵紙本写経「法華経全巻」や耳納山の由来といわれる牛鬼伝説の牛鬼の左手のミイラも保存されています。

問合せ先:石垣山観音寺 TEL 0943-72-3490

動く 第3回 恋ぼたる リレーマラソン

恋ぼたる リレーマラソン

2018年2月18日(日)
筑後市/筑後広域公園

筑後の広大な公園の中で、チームのみんなで力を合わせて42.195キロを完走しよう! 完走後には、筑後七国の特産品が当たる抽選会が行われ、参加賞として筑後特産の「あまおう」や、恋ぼたる温泉半額入浴券がもらえます。

【コース】 親子ペアマラソン 、リレーマラソン
【参加料】 親子ペアマラソン(一組)2,000円、リレーマラソン/(一般一人)3,500円、(中学生以下一人)2,000円
【参加申込締切】 2018年2月4日(日)

問合せ先:川の駅船小屋恋ぼたる TEL 0942-52-8188
詳細は・・公式Webサイト

 小富士梅林

小富士梅林

2018年2月下旬~3月上旬
糸島市/小富士梅林

糸島富士・筑紫富士・小富士などと呼ばれる可也山の南斜面に広がる梅林。
この梅林は、江戸時代、飢饉を防ぐために千本の梅の木を植えたことが始まりです。戦後数を増やし、今では三千本もの梅が訪れる人を魅了しています。
白梅と紅梅の美しいコントラストと、眼下に広がる船越湾の風景をお楽しみください。
*臨時駐車場は小富士研修施設です。

問合せ先:(一社)糸島市観光協会 TEL 092-322-2098
詳細は・・(一社)糸島市観光協会Webサイト

見る 福岡市博物館 テレビ西日本開局60周年記念  誕生50周年記念 リカちゃん展

リカちゃん展 メインビジュアル

2018年2月22日(木)~3月28日(水)
福岡市/福岡市博物館2階 特別展示室(早良区)

1967年に誕生し、 2017年に50周年を迎えた 着せ替え人形「リカちゃん」。
50年の間に4代にわたってモデルチェンジを重ね、時代や流行を反映しながら、そのときどきで変化する女の子の夢や憧れをかなえ続け、現代も三世代にわたって愛されています。
最近ではフォロワー数15万人(2017年4月1日現在)を超える公式SNSで、本人が発信する日常生活やお洒落な着こなしが大人の女性にも改めて注目を集めています。
その誕生50周年を記念した「リカちゃん展」のテーマは「Licca meets Licca」。約580体のリカちゃんやその家族・友達を、当時流行したファッションとともに紹介します。
誕生にまつわる開発ノートや歴代のリカちゃんハウスなど、貴重な資料約70点のほか、有名ブランドや著名人50組が50周年をお祝いするコラボリカちゃんも特別展示しています。
いろいろな時代にタイムスリップしながら、少女時代の思い出を懐かしむのはもちろん、日本中の女の子の半歩先の憧れであり続けるリカちゃんの世界をご堪能ください。
きっと、あなたにとっての「わたしのリカちゃん」が見つかります。

【休館日】  月曜日
【開館時間】 9:30~17:30(入館は17:00まで)
【観覧料】  一般1,100円(900円)、高大生900円(700円)、小中生500円(300円)
       *( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上、外国の方の割引料金

問合せ先:福岡市博物館 TEL 092-845-5011
詳細は・・公式Webサイト
ご参考・・福岡市博物館Webサイト

見る 映画 「家族はつらいよ2」 

家族はつらいよ2

2018年2月23日(金) 10:30~、13:30~、16:30~
宗像市/宗像ユリックス

2017年/日本
(出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、妻夫木聡、蒼井優 他)

平田家の大黒柱・周造はマイカーでの外出を楽しみにしていたが、車に傷が目立ち始め、家族は周造から運転免許を返上させようと画策する。しかし彼を説得するイヤな役回りを互いになすりつけ合う家族たちに周造は大激怒。
ある日、妻の富子が旅行に出かけ、つかの間の独身貴族を楽しむ周造は、居酒屋の女将を乗せて車を走らせる。その途中、高校時代の同級生・丸山と再会するが・・・。
その悲劇も、きっと明日は喜劇になる! 本作を観て、みなさん一緒に笑いましょう!

【料金】 前売/一般900円、当日/一般1,000円、会員700円、未就学児入場不可

問合せ先:宗像ユリックス TEL 0940-37-1311
詳細は・・宗像ユリックスWebサイトへ、youtube

 第2回 福岡ご当地さわらサミット2018 in 芦屋町

福岡ご当地さわらサミット2018 in 芦屋町

2018年2月24日(土)~25日(日) 10:00~15:00
芦屋町/ボートレース芦屋

全国有数のさわらの漁獲量を誇る福岡県。厳選されたさわらグルメがボートレース芦屋に集結します。ご来場の方がさわらグルメを購入し試食した上で、気に入ったグルメに投票し、その得票数でグランプリを決定するグルメバトルです。当日は子ども向けのイベントや開催場所であるボートレース芦屋ならではのイベントを多数開催する予定ですので、ぜひご家族やお友達とご来場ください。

問合せ先:芦屋町さわらサミット実行委員会(芦屋町地域づくり課内) TEL 093-223-3542
詳細は・・公式Webサイト

 勝屋酒造 酒蔵開き

勝屋酒造 酒蔵開き

2018年2月24日(土)~25日(日) 10:00~16:00
宗像市/勝屋酒造

新酒の試飲のほか、おひな様の見学、酒饅頭、こだわりの奈良漬などの即売も行われます。
勝屋酒造の前の通りは両日とも、歩行者天国となります。
また、「赤間宿まつり(25日のみ)」も開催されます。あわせてお楽しみください。

問合せ先:勝屋酒造 TEL 0940-32-3010
ご参考・・勝屋酒造Webサイト

動く 赤間宿まつり

赤間宿まつり

2018年2月25日(日)
宗像市/街道沿い

街道沿いではつり雛祭り会場や出店が多くならびます。

問合せ先:赤間地区コミュニティ運営協議会 TEL 0940-39-7051

見る 麻生大浦荘 春の特別公開

麻生大浦荘 春の特別公開

2018年2月24日(土)~3月4日(日)
飯塚市/麻生大浦荘

いいづか雛のまつり期間に特別公開されます。
春と秋に特別公開される麻生大浦荘は、「筑豊御三家」のひとつに数えられた麻生家の初代、太吉の長男、太右衛門の住宅として建築された麻生一族の住宅のひとつで、数寄を凝らした和風入母屋書院造りが美しい邸宅は、大正末期に建てられたと云われています。1階773.4平方メートル(約234坪)、2階62.7平方メートル(約19坪)の広さを持つ大浦荘の建材は主に桧と杉、柱は四方柾に製材されており非常に高価な木材が使用されています。また欄間にも精緻細工が施されており、贅を尽くして建築されたことが伺えます。
風情ある大浦荘の雛祭りをお楽しみください。
*雨天時は庭園立入禁止になります。

【時間】  10:00~17:00(入場は16:30まで)
【入館料】 無料

問合せ先:飯塚観光協会 TEL 0948-22-3511
ご参考・・麻生グループWebサイト

 うそ替祭

うそ替え祭

2018年2月25日(日) 受付17:30~、開始18:00~
久留米市/北野天満宮(北野町)

天神様(菅原道真公)にあやかって「うそ」を云わぬ誠の人になるようにと、暗闇の中で木で作った「ウソ鳥」を取り替える行事が「うそ替祭」の起こりです。
祭りでは「木のウソ(初穂料700円)」を参拝者が交換します。この「木のウソ」に付いている番号で「金のウソ」や景品が当たります。
*北野天満宮の拝殿前には石造りのウソ鳥があります。
*「だご汁」の振る舞いも予定されています。

問合せ先:北野天満宮 TEL/FAX 0942-78-2140

動く サイクルファミリーパーク 風の子フェスタ 2018

サイクルファミリーパーク

2018年2月25日(日) 9:00~16:00
久留米市/久留米サイクルファミリーパーク

当日は、子ども(中学生以下)は入園無料です。
広い園内には、家族で楽しむことができる3~4人乗りの自転車、どうやって乗るの?と思うようなおもしろい自転車や、マウンテンバイクでコースにチャレンジなど、いろんな自転車で楽しむことができます。
園内では、わなげ大会やスカットボール大会などのイベントや、卓球やバドミントン、バンゴルフ等もあり、家族で楽しむことができます。

◆わなげ大会(無料/賞品有り) 
◆スカットボール大会(無料/賞品有り)
◆ビンゴ大会(無料/賞品有り)
◆フワフワ(10分間/200円)

問合せ先:久留米サイクルファミリーパーク  TEL 0942-45-5656
     久留米観光コンベンション国際交流協会  TEL 0942-31-1717

*料金、時間、休館日等は、変更の場合があります。必ず確認の上、お出かけください。
*各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
 現地の係員の指示に従って、マナーを守って見学してください。
*複写・転写を禁じます。

一番上に戻る